Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

日商エレ、クラウド利用料金や運用コストの削減でクラウドネイティブ化を支援する「Spotinst」を販売開始

  2019/08/27 14:15

 日商エレクトロニクスは、企業におけるクラウド活用を促進するため米Spotinst(スポットインスト)社と販売代理店契約を締結し、クラウド利用料金や運用コストの削減で企業のクラウドネイティブ化を支援するツール「Spotinst」を8月27日に提供開始すると発表した。

 クラウドコスト削減やクラウドネイティブ化を実現するためには、各種クラウドサービスの費用、運用面での最適化をはじめ、コンテナ化への対応、そして定常的にこれらの要素を構築、管理、運用するための高いスキルが必要になる。そのため、日商エレではクラウドネイティブ化を支援するツール「Spotinst」の提供を開始することにしたという。

 ■「Spotinst」の効果

  1. クラウド上仮想マシンインスタンスの費用削減および運用コスト最適化
  2. 「Kubernetes」などコンテナオーケストレーター基盤仮想マシンの費用削減および運用コスト最適化

 ■「Spotinst」の特徴

  1. パブリッククラウド上で動作する仮想サーバーの利用料金削減(AWS、GCP、Azureに対応)
  2. マルチクラウドにおける仮想サーバー利用状況の可視化
  3. 「Kubernetes」などのコンテナオーケストレーションの運用負荷削減

 独自の変動予測アルゴリズムを使い、AWSの「スポットインスタンス」やGoogle Cloud Platform(GCP)の「プリエンプティブVM」、Azureの「ロウプライオリティVM」といった、低価格ながら可用性の低いインスタンスの中断を事前に予測&自動リプレイスすることで、可用性を担保しつつ、低価格でコンピュートリソースを有効活用することができる。

 ■「Spotinst」の効果

  1. Elastigroup:パブリッククラウド上で動作する仮想サーバーインスタンスの利用料金を削減
  2. Ocean:パブリッククラウド上で動作するコンテナオーケストレーションツール「Kubernetes」の運用負荷を削減

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5