Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

ALSIとアシスト、ソリューション連携によるWeb分離製品「InterSafe WebIsolation」を販売開始

  2019/09/20 15:00

 アルプス システム インテグレーション(ALSI)とアシストは、ALSIが製造・販売するWebフィルタリングソフトの最新バージョン「InterSafe WebFilter Ver.9.1」に、アシストのWeb分離・無害化ソリューション「Ericom Shield」(開発元:イスラエルEricom Software)を連携させたセキュアなWebアクセスソリューションを両社共同で推進していくと発表した。また、ALSIはEricom ShieldのWeb分離機能を「InterSafe WebIsolation」として10月11日から販売開始する。

 ALSIの「InterSafe WebFilter」最新バージョン9.1は、パフォーマンスを損なうことなく、かつ低コストにSSL通信の監査を強化し、多様化するWebアクセス環境における多角的な情報漏えい対策を実現できるという。

 さらに、Web分離・無害化製品との連携により、新たな脅威が含まれている可能性のある未分類サイトへのアクセスを分離・無害化し、Web閲覧を妨げることなく安全で統制されたインターネット環境を実現する。

 アシストが提供する「Ericom Shield」は、ブラウザ経由でインターネットから流入する脅威を完全にシャットアウトするWebの分離・無害化ソリューション。DMZやクラウドにブラウザコンテナを配置し、100%安全なレンダリング済みの画面をユーザー端末のブラウザに送信する。使い勝手が通常のブラウジングと変わらないため、利便性を維持しつつ物理的なインターネット分離環境と同等のセキュリティを実現する。

「InterSafe WebFilter」と「Ericom Shield」の連携で実現できること

 (1) Webサイトのリスクに応じたアクセス方法を提供

  • 既知の安全なサイトと分類されたURL:ローカルブラウザで実行
  • 禁止と分類されたURL:「InterSafe WebFilter」でアクセスブロック
  • 未分類/疑わしいURL:「Ericom Shield」のブラウザコンテナでWebサイトへのアクセスを行い、レンダリング後の画面をローカルのブラウザに転送

 (2) 安全なサイトへのアクセスをEricom Shieldからオフロードしてコストダウン

 安全性が高く、利用頻度の高いGoogle検索ページ、Office 365、 G Suiteなどを除き、画面転送の必要があるWebアクセスに限りEricom Shieldを経由させることで、Ericom Shieldのライセンスコスト、ハードウェアコストを最適化できる。

 (3) 未分類のWebサイトへのアクセスでもユーザーの業務を止めない

 ユーザーが業務のために未分類サイトにアクセスする場合、ブラックリスト方式の運用では感染リスクがあった。一方、ホワイトリスト方式では、URLデータベースにサイトが登録されるまで、またはユーザー企業の判断でホワイトリストに登録するまでの時間、業務が中断されることが課題だった。

 未分類サイトへのアクセスを全てEricom Shield経由でブラウジングにすることによって、ユーザーを待たせることなく、安全を担保したうえで閲覧が可能となる。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5