SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

紛争事例に学ぶ、ITユーザの心得

基本契約時の見積と乖離した個別契約の金額は有効か


 今回はソフトウェア開発を行う際に、よく用いられる「多段階契約」のおける紛争事例について紹介します。本事例から契約の在り方自体について考えてみたいと思います。

増えてきた多段階契約

 以前にもこの連載で触れたことがあると思いますが、ソフトウェアの開発を行う際、多段階契約を行う例が良く見られます。ソフトウェアの開発というのは、ある意味、やってみなければ分からないことが多く、当初の契約時点で定められた機能と費用が開発を行ううちに、どんどん変わってしまうのが常と言っても良いほどです。

 金額と期間を定めて、作り始めたが、いざやってみると、まだ機能が足りないことに気づいた、技術的な難易度が思ったより高くて費用が足りなくなった。そんな話はまさに日常茶飯事です。

 こうしたソフトウェア開発のリスクを低減しようと言うのが多段階契約です。ベンダは提案時に概算の見積は出すものの、それはある意味、変更することを前提としたもので、まず要件定義だけを契約します。そして、実際にやってみて機能や実現方式を明らかにした後設計の契約を結び、またそれができたら今度は開発の契約を結ぶという方式です。

 こうした契約の仕方なら、契約毎に費用と実装する機能、スケジュールを調整するので、開発の見通しは効きにくいものの、ユーザ企業とベンダの間での諍いのようなものは起きにくくなります。

 実際のプロジェクトを見ても、問題があれば双方が話し合いをして、費用の追加や機能の縮退といった落としどころを見つけることが多いようです。そんなこともあって、こうした契約形態をとるソフトウェア開発が徐々に増えてきました。

次のページ
基本契約時の想定と乖離した個別契約時の開発費用

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
紛争事例に学ぶ、ITユーザの心得連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

細川義洋(ホソカワヨシヒロ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/12597 2019/12/24 15:01

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング