SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Data Tech 2022

2022年12月8日(木)10:00~15:50

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

「PostgreSQL」 使いこなしの極意(PR)

PostgreSQLがデジタル変革のデータ活用プラットフォームに最適な理由

エッジもクラウドも同じRDBを使えば、すぐにデータを融合し活用できる

 富士通ではさまざまな顧客のビジネス現場に入り込み、デジタル変革をサポートしている。その際には、現場のノウハウや知識を共有し顧客と一緒に取り組む。現場のニーズやビジネスの進め方を知っていることは、富士通の大きな優位性でもある。

 実はRDBを使い既存のデータと新しいデータを融合するアプローチは、現場での経験から出てきたものだ。「ビジネス現場ではこれまでも、RDBを使い業務プロセス効率化のためにさまざまなシステムを構築しています。現場にあるRDBには貴重なデータがたくさん蓄積されており、それに伴う現場のノウハウもある。それらを活用しない手はない。であるならば、将来的にはHadoopなど新しい技術も活用するとしても、新たなデジタル変革の取り組みはRDB起点で進めたほうが良いとなったのです」と佐野氏。いきなり新しいデータに対し使ったことのない技術でなんとかしようとするより、使い慣れたRDBから入れば現場の敷居はかなり低くなる。

 現状のRDBはストレージにSSDが利用できメモリ技術も使えるため、かなり低レイテンシー(遅延)でデータにアクセスできる。そうなるとインデックスは必須でなくなり、これまで回避してきた全件アクセスなどが可能になり、より柔軟な活用ができる。「RDBと新しいハードウェアや新しい技術をマッチさせることで、活用範囲が大きく広がっています」と佐野氏は言う。

 また製造業の現場では、センサーなどからデータが大量に発生している。そのデータを全てクラウドに上げるとなれば、ネットワーク帯域やクラウド上の保管領域の確保などで大きなコストが発生する。さらにリアルタイムな制御をしたい時に、いちいちクラウドに問い合わせるのでは間に合わない。そのためエッジなどで瞬時に処理する要求もある。

 つまりデジタル変革は、現状クラウド一辺倒ではなくなったのだ。データの発生するそばにデータベースを置く。エッジやクラウド、仮想基盤でもRDBが動いていれば、データを合わせて分析するのに抽出、変換、加工などの手間は必要なく、すぐにデータを融合して活用できる。

次のページ
デジタル変革のエンジンとしてのオープンソース・ベースのPostgreSQLの優位性

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
「PostgreSQL」 使いこなしの極意連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

谷川 耕一(タニカワ コウイチ)

EnterpriseZine/DB Online チーフキュレーターかつてAI、エキスパートシステムが流行っていたころに、開発エンジニアとしてIT業界に。その後UNIXの専門雑誌の編集者を経て、外資系ソフトウェアベンダーの製品マーケティング、広告、広報などの業務を経験。現在はフリーランスのITジャーナリスト...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/12767 2020/06/10 11:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年12月8日(木)10:00~15:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング