EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

「まさに長篠の戦い。織田信長のように戦い方を一変させる局面」富士通福田譲×福田康隆のDX対談

  2020/06/19 10:00

企業の生存戦略として、大義の下に人が集うエコシステム型が重要になる

康隆氏:ここまで、譲さんの転身の背景と、DXの定義についてなど非常に興味深い話が続きましたが、いよいよここからはSAPの学びをベースに譲さんが、富士通のような日本企業がどのようにDXを推進していくべきかお聞きしたいと思っています。以前、譲さんはインタビューなどでDX実現のためには、人材も大事と話されていました。

譲氏:時田は、2020年が富士通にとって新たな方向に向けたスターティングポイントであり、DX企業になるための実行フェーズ、それも少しずつではなく全社一斉にという方針を出しました。まさに全員野球。日本の十八番です。

「会社に行かなくても仕事ができることが証明された」と語る譲氏。対談もリモートでの実施となった
「会社に行かなくても仕事ができることが証明された」と語る譲氏。対談もリモートでの実施となった

 これを実現するには、リーダー層が「この指止まれ」とけん引するだけでなく、その指を掴む人たちの意識改革も求められます。外資系におけるトップダウンよりも、馬力も時間もかかります。そのため遅く見えることもあるかもしれません。しかし、いざ舵を切ったらトップダウン型と比べ、全員の意識が同じですから、パワーもスピードも出ます。

 富士通は社員の約3分の2が日本人で、日本にオリジンをもっている。これが良さでもあり時には課題でもありますが、それと向き合い、大きな変革のうねりをつくりたいと思っています。

 そのためには、自社が考える顧客への課題解決だけでなく、ビジネス全体での社会課題の発見と解決という大義の下、立場を超えてともに取り組める人たちとつながるエコシステム型の発想が重要になってくると考えます。


著者プロフィール

  • 福田 康隆(フクダ ヤスタカ)

    1972年生まれ。早稲田大学卒業後、日本オラクルに入社。2001年に米オラクル本社に出向。2004年、米セールスフォース・ドットコムに転職。翌年、同社日本法人に移り、以後9年間にわたり、日本市場における成長を牽引する。専務執行役員兼シニアバイスプレジデントを務めた後、2014年、マルケト入社と同時に代表取締役社長に、2017年10月同社代表取締役社長 兼 アジア太平洋日本地域担当プレジデントに就任。マルケトがアドビ システムズに買収されたことにより、2019年3月、アドビ システムズ専務執行役員 マルケト事業統括に就任。2020年1月より、ジャパン・クラウドのパートナーおよびジャパン・クラウド・コンサルティング株式会社の代表取締役社長に就任。ハーバード・ビジネススクール General Management Program修了。著書に 『THE MODEL マーケティング・インサイドセールス・営業・カスタマーサクセスの共業プロセス』(翔泳社、2019年)。

  • 中村 祐介(ナカムラ ユウスケ)

    株式会社エヌプラス代表取締役 デジタル領域のビジネス開発とコミュニケーションプランニング、コンサルテーション、メディア開発が専門。クライアントはグローバル企業から自治体まで多岐にわたる。IoTも含むデジタルトランスフォーメーション(DX)分野、スマートシティ関連に詳しい。企業の人事研修などの開発・実施も行うほか、一般社団法人おにぎり協会、一般社団法人日本編集部の代表理事として、日本の食や観光に関する事業プランニングやディレクションも行う。

バックナンバー

連載:全ての会社がテックカンパニーになる時代~福田康隆と探るDX最前線
All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5