EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

「まさに長篠の戦い。織田信長のように戦い方を一変させる局面」富士通福田譲×福田康隆のDX対談

  2020/06/19 10:00

DXは企業変革を行い、競争上の優位性を確立する手段でしかない

康隆氏:譲さんがSAPに入社された当時はERPの黎明期で、日本企業の基幹業務システムに対する考え方をドラスティックに変える必要があったと思います。それらをSAPで長年、日本の大手企業相手に見てこられて、企業の変革や新しいものを取り入れていくために日本企業には何が必要だと思われますか?

譲氏:CIOが本当の意味で経営に参画すること、は必要でしょうね。SAP時代、顧客の経営会議に参加させて頂いたことが多くありましたが、そもそも経営会議に日頃お目にかかっているCIOが出席していない。あるいは出席していても、後ろのほうの席に座っているなど、「これでは経営戦略とIT戦略は連動しないだろう」というケースを多く見てきました。

 もちろん任命する経営側にも課題はあるでしょうが、それにしても経営会議に出席しても発言しないようでは、このように思われても仕方ない。私自身も肝に命じていますが、CIOも経営チームの一人であり、ITやデジタルの視点から経営層の中でリーダーシップを発揮することは義務でしょう。

 ITサービス企業としての富士通が、自分たち自身でITやデジタルを戦略的に活用し、進化・成長していけば、他の日本企業のお役にもっと立てるようになる。あの富士通が変わるのであれば、私たちも変われるだろう、と。大きな会社というのは、そうやって経済や社会の進化をけん引する役割も担う責任があるはずです。

康隆氏:日本企業の大きな経営課題としてDXが叫ばれるようになって久しいですが、このDXの定義、そして課題についてはどうお考えでしょうか? CIOにとっても大きなテーマだと思います。

譲氏:まず、DXというのは手段であって目的ではありません。経済産業省の定義では以下のようになっています。

“企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、データとデジタル技術を活用して、顧客や社会のニーズを基に、製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、業務そのものや組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、競争上の優位性を確立すること。”

 ——経済産業省 DX推進指標(2019年7月)

 そのために、私は社長である時田(富士通代表取締役社長・時田隆仁氏)が兼務するCDXO(最高デジタル変革責任者)の補佐として経営戦略を実行するために、マーケティングや人事、プロジェクトのデリバリーなど多方面の状況を整理し、戦術面を練り上げる——。各領域を担当する役員たちと常に連携し、「富士通がありたい姿」をアップデートし続けます。現在の姿(As-Is)とありたい姿(To-Be)には必ずギャップが出てくるでしょう。そのギャップを今の時代ならではのやり方、すなわちITやデジタルも有効に活用して解いていきます。

 つまり、川の流れで表すと上流が経営、中流がDX、下流がITでこの流れを整えていくことが私の役割であり、その整え方の手法がDXだととらえています。経産省の定義の通り、変革をして、競争上の優位性を確立させるのです。

 今は日本史でいうと、長篠の戦い。織田信長は武田軍との戦いで、鉄砲を用いてこれまでの戦争のやり方を一変させました。これまでの戦い方から変革できない者はどれだけ強くても滅び、新しい戦い方をした者だけが生き残る時代です。考え方を変えられた企業だけが、成長を続けていけるのです。

康隆氏:長篠の戦いはおもしろい例えですね。メディア的なアプローチで見ると、故スティーブ・ジョブズが1985年にスウェーデンの講演で「新しいコミュニケーション手段が登場すると、人は古いやり方を新しいものに当てはめようとする。最初のテレビ放送はラジオ番組をカメラで放送したものだった」と話していました。人は昔のやり方にFall backしがちということですよね。ネイティブな発想ができない。


著者プロフィール

  • 福田 康隆(フクダ ヤスタカ)

    1972年生まれ。早稲田大学卒業後、日本オラクルに入社。2001年に米オラクル本社に出向。2004年、米セールスフォース・ドットコムに転職。翌年、同社日本法人に移り、以後9年間にわたり、日本市場における成長を牽引する。専務執行役員兼シニアバイスプレジデントを務めた後、2014年、マルケト入社と同時に代表取締役社長に、2017年10月同社代表取締役社長 兼 アジア太平洋日本地域担当プレジデントに就任。マルケトがアドビ システムズに買収されたことにより、2019年3月、アドビ システムズ専務執行役員 マルケト事業統括に就任。2020年1月より、ジャパン・クラウドのパートナーおよびジャパン・クラウド・コンサルティング株式会社の代表取締役社長に就任。ハーバード・ビジネススクール General Management Program修了。著書に 『THE MODEL マーケティング・インサイドセールス・営業・カスタマーサクセスの共業プロセス』(翔泳社、2019年)。

  • 中村 祐介(ナカムラ ユウスケ)

    株式会社エヌプラス代表取締役 デジタル領域のビジネス開発とコミュニケーションプランニング、コンサルテーション、メディア開発が専門。クライアントはグローバル企業から自治体まで多岐にわたる。IoTも含むデジタルトランスフォーメーション(DX)分野、スマートシティ関連に詳しい。企業の人事研修などの開発・実施も行うほか、一般社団法人おにぎり協会、一般社団法人日本編集部の代表理事として、日本の食や観光に関する事業プランニングやディレクションも行う。

バックナンバー

連載:全ての会社がテックカンパニーになる時代~福田康隆と探るDX最前線
All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5