SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Data Tech 2022

2022年12月8日(木)10:00~15:50

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

DX推進の最前線をキャッチアップ

時代が求める攻守一体のIT部門 外資から転身し経営目線も有する資生堂CITOから見た課題と解決策


 ウィズコロナを見越した事業継続を各社模索している状況の中、CIOがますます重要な役割を担いつつある。経営目線と連動するデジタル・IT活用を推進できるかどうかが、今後の企業の生存のカギを握っていると言っても過言ではないだろう。今回「経営目線でのIT投資の本質」をテーマに資生堂の執行役員CITO(Chief Information Technology Officer)の高野篤典氏とIT投資の可視化を支援するサービスであるApptio日本法人代表 成塚歩氏の対談が実現。経営におけるCIOの役割とは何か? そして、求められるITガバナンスとは何か? 小社の押久保剛統括編集長がモデレーターとなり、展開する。

外資系企業と比べて遅れている日本企業のITガバナンス

本記事は2020年8月に取材した特別コンテンツの転載記事です

資生堂 執行役員CITO(Chief Information Technology Officer) 高野篤典氏(写真右)Apptio日本法人代表 成塚歩氏(写真左)
資生堂 執行役員CITO(Chief Information Technology Officer) 高野篤典氏(写真右)
Apptio日本法人代表 成塚歩氏(写真左)

押久保剛(以下、押久保):最初にこれまでの高野さんのキャリアですが、デル、コーチ・ジャパン、ベネッセを経て、現在は資生堂様で執行役員CITO(Chief Information Technology Officer)を担われていらっしゃいます。現在の役割についてまず教えてください。

高野篤典氏(以下、高野氏):社内の情報システムの重要案件対応、管理強化を通じたITガバナンスの再構築が大きいですね。特に資生堂はアジアを代表する化粧品メーカーでグローバルプレーヤーのトップ3を目指しているので、海外法人のシステムも含めて管理する対象は膨大です。今までは現地での事業拡大に向け日本はもちろん海外法人もシステムの導入などは各社の裁量ですすめていることも多く、効果的で効率的な運用ができていない箇所も多々ありました。これを今まとめあげようとしています。

押久保:それぞれが違うシステムを使うことで非効率化も懸念されます。

高野氏:はい。日本企業は特にITガバナンスが外資企業と比べて遅れています。このことで生産性の低下を招いていることもある。ITガバナンスの再構築も私の重要なミッションです。

押久保:なぜ遅れているのでしょうか?

高野氏:グローバルの視点で見ると、言葉の壁があるでしょう。傘下の諸外国の現地法人に対して、本社が推奨する標準的なシステムを導入するには交渉力が求められます。また、これまでのIT部門はコストがベンチマークになることがほとんどでしたから、導入しているシステムがコスト面の課題をクリアしていれば、問題がないといえばなかった。しかし、今は事業を推進するために、IT部門としてどのような提案ができるのか? 本質的な問いかけを自らしていく時代です。

押久保:成塚さんとはどのようなきっかけで知り合われたのですか?

成塚歩氏(以下、成塚氏):私が前職の日本マイクロソフト時代にお客様だったのが高野さんで、当時はベネッセホールディングスにいらっしゃいました。初めてお会いしたのが2019年でしたよね?

高野氏:そうですね。資生堂に入社した際にOffice 365(当時の名称、現在はMicrosoft 365)ライセンス契約の見直しで相談に乗っていただきました。成塚さんが日本マイクロソフトを退職された後もSNSなどを通じてコミュニケーションを取り合っていました。成塚さんは非常に明確でアクションが早い方で、お会いした時から強く印象に残っていました。

次のページ
CIOの評価軸は事業理解の先にある

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
DX推進の最前線をキャッチアップ連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

中村 祐介(ナカムラ ユウスケ)

株式会社エヌプラス代表取締役デジタル領域のビジネス開発とコミュニケーションプランニング、コンサルテーション、メディア開発が専門。クライアントはグローバル企業から自治体まで多岐にわたる。IoTも含むデジタルトランスフォーメーション(DX)分野、スマートシティ関連に詳しい。企業の人事研修などの開発・実施...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/13318 2021/05/14 14:01

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年12月8日(木)10:00~15:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング