SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZine Press(PR)

コロナ禍でも精度の高い需要予測を実現したカルフール SASが描くサプライチェーン全体の最適化

 独立系のアナリティクスソリューションベンダーとして、長く市場をリードするSAS Institute Japan。同社は統計解析やAIなどの高度なアナリティクス技術を提供するのはもちろん、様々な顧客のデータ活用の課題を長年にわたり解決してきた経験とノウハウを用い、業界特有の課題を解決できるソリューションとして提供できるのが強みとなっている。

SAS Platformでサプライチェーン全体を最適化する

 様々な業界の中、商品を消費者に届ける際の要となる物流業界に対しSASはどのように取り組んでいるのか。「物流の中核となる運ぶ領域はもちろん、製品の計画から販売に至るサプライチェーン全体の最適化を支援しています」と言うのは、SAS Institute Japanの井上 義成氏だ。

ソリューション統括本部 コンシューマーインダストリーソリューショングループ シニアビジネスソリューションマネージャー 井上義成氏
SAS Institute Japan ソリューション統括本部
コンシューマーインダストリーソリューショングループ
シニアビジネスソリューションマネージャー 井上義成氏

 一般にデータを活用し業務を変革するには、まずは「記述的アナリティクス(Descriptive Analytics)」で過去に何が起きたかを見て、現状を明らかにする。次のステップは、「診断的アナリティクス(Diagnostic Analytics)」でなぜ起きたかを診断し、要因を明らかにする。3つ目のステップでは、「予測的アナリティクス(Predictive Analytics)」で次に今後何が起きるかを明らかにする。そして4つ目のステップ「最適化・指示的アナリティクス(Optimization / Prescriptive Analytics)」で、 これから起こることをどう最適化するか、そして最適化の行動を促すことにつなげる。

クリックすると拡大
クリックすると拡大

 SASでは4つのステップに対応する高度な分析技術を提供するだけでなく、アナリティクスによる発見とモデル開発からデプロイと実行に至るアナリティクスのライフサイクル、さらアナリティクスの知見をビジネスに適用しビジネス価値を発揮し、結果のフィードバックを取り込んで再びアナリティクスを行う部分までサポートする。これら全体のサイクルが回ることで初めて、ビジネス価値を継続的に得られる。この一連のサイクルを、高速に回すための機能をSAS Platformでは網羅している。

クリックすると拡大
クリックすると拡大

 「アナリティクスライフサイクル全体を実現する各種製品、機能をSASでは提供しています。それに加え業界の現場業務に応じた分析のテンプレートや分析モデルも提供しています。それらには長年のコンサルティングのノウハウも入っています」(井上氏)

 このアナリティクスライフサイクルの最適化を物流に適用したいと考えた場合に、物流部分を最適化するだけではビジネス価値を得られない。物流を最適化するには、生産計画も重要となる。生産計画の精度を上げるには、商品の最適化のためのパッケージングやラインナップ、プライシングの最適化も必要だ。さらにこれにはマーケティング施策も影響する。

 また直接的な物流の最適化でも、ものを運ぶルートの最適化もあれば、トラックの積載方法、倉庫配置や運用の最適化も必要になる。商品が店頭に並べば、店舗運用を最適化する必要が出てくる。「どこか1つにフォーカスするものではなく、データを用いてサプライチェーン全体の連動による最適化が必要です。それを、SASではトータルでサポートしています」と井上氏は言う。

クリックすると拡大
クリックすると拡大
クリックすると拡大
クリックすると拡大

次のページ
精度の高い需要予測とアナリティクス人材育成支援も実施

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
EnterpriseZine Press連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

谷川 耕一(タニカワ コウイチ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/13712 2021/01/13 10:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング