SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

情報シス担当者のためのプロジェクトマネージャ入門

プロジェクトマネージャ必須の知識体系、PMBOKとは?

第3回

ユーザー企業のIT部門のみなさん!「プロジェクトが成功するかどうかはベンダー次第」なんて考えていないでしょうか。業務の基盤となるシステムは、ベンダーへ開発を丸投げするものではなく、協力して作るものです。そのためには、発注側としてもプロジェクトマネジメントの知識やノウハウを身につけることが大切です。本連載では、プロジェクトマネージャが持つべき知識やスキルをご紹介していきます。第3回は、前回解説したユーザー企業における2種類のPMに共通するスキルを見ていきます。

プロジェクトを円滑に進めるためにはPMBOKの理解が必要

 従来、プロジェクトマネジメントといえば、プロジェクトマネージャ個人の勘と経験と度胸、いわゆる「KKD」が頼りでした。現在でもこの部分を完全に無視はできませんが、大規模で複雑なプロジェクトになると科学的な手法が必要となってきます。

巨大プロジェクトを制覇するには相応のテクニックが必要
巨大プロジェクトを制覇するには相応のテクニックが必要

 ITベンダー側では、科学的なプロジェクトマネジメントの手法としてPMBOKを積極的に導入しており、仕事をする上での共通語に位置づけています。したがって、プロジェクトを共同で円滑に進めるためには、ユーザー企業の情報システム部門としても、その考え方や構成、用語などについて理解しておくべきでしょう。

次のページ
プロジェクトマネジメントの知識体系PMBOK

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
情報シス担当者のためのプロジェクトマネージャ入門連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

克元 亮(カツモト リョウ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/1401 2009/04/23 09:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング