SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

情報シス担当者のためのプロジェクトマネージャ入門

プロジェクトマネジメントスキルを客観的に証明するためには?~PMP合格必勝法

プロジェクトマネージャのスキルを証明する資格として、デファクトスタンダードになっているのがPMPです。しかし、受験者が急増しているためか、年々、難化の傾向にあります。第7回は、PMP合格への近道を紹介します。

PMPとは

 PMP(Project Management Professional)とは、米国のNPO団体であるPMI(Project Management Institute)が認定するプロジェクトマネジメントの資格です。ワールドワイドで試験がおこなわれています。

 PMIはプロジェクトマネジメントの方法論を、PMBOK(Project Management Body of Knowledge)として体系化しています。試験では、このPMBOKの内容を基本とし、さまざまな問題解決が事例の形で出題されます。

 PMPの取得によって、プロジェクトマネジメントの体系的知識を有することを客観的に証明できます。また、PMのコミュニティでの活動を通して、人的なネットワークを広げることも可能です。

PMP試験の概要

1.受験資格

 PMPは誰でもが受験できるわけではありません。試験申込時からさかのぼって8年以内に一定時間以上の実務経験(大卒の場合、4500時間以上)が必要で、PMIが認定する教育講座での研修を、35時間以上受けておく必要があります。試験の申込時には、これらを証明する書類の提出が求められます。

2.試験要領

 試験方式はCBT(Computer Based Testing)で、コンピュータを使って4者択一で答えていきます。試験時間はなんと4時間。もちろん早く終われば退出することも可能ですが、私の経験では、少なくとも3時間半ぐらいはかかるでしょう。全部で200問出題されます。

PMBOKの試験要項
  1. 試験時間:4時間
  2. 解答方法:4者択一
  3. 試験問題数:200問(うち、25問は試験評価のためのダミー問題)
  4. 取得基準:106問以上の正解  60.57%
  5. 試験会場:東京、横浜、大阪、

 最近の日本での合格率は、70%程度と言われていますが、合格後、3年間で60時間以上のPM関連活動をしなければならず、資格維持が難しいのが特徴です。しかし、そのことがかえってこの資格の価値を上げているとも言えます。

次のページ
PMPの出題範囲と傾向

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
情報シス担当者のためのプロジェクトマネージャ入門連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

克元 亮(カツモト リョウ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/1854 2009/09/30 07:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング