SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

CXM(顧客体験管理)最前線

AI が主導するクリエイティブ経済、Adobe Senseiが静かなブーム

Vol.3

 第三次AIブームの初期、AIは大上段に語られてきた。その用途は、脅威分析、需要予測、物流、エネルギー、都市など広く幅広い社会領域に及び、高度な専門性を感じさせる一方、AIが人知を超え、人間の仕事を奪うという議論も交わされた。しかし最近では、AIはテクノロジーとしてすっかり日常のビジネスに浸透し、B2Bのビジネスの中に溶け込んでいる。パンデミックを経た米国で、特に目覚ましい進化を遂げているのが、AIテクノロジーを活用したクリエイティブ領域だ。アドビが最近発表した事例からは、AIが主導するクリエイターエコノミーともいえる潮流が見えてくる。

Adobe Senseiが活躍している理由

 ワトソン、アインシュタイン、レオナルド……。IT大手企業が相次いで発表したAIのブランドは偉大な天才の名前が多く、全脳型の知性と先端性を感じさせた。それに比べると、日本語の「先生」に由来するアドビの「Adobe Sensei」は、身近なイメージ。どちらかといえば、AIの先端性よりも少し地味な印象を与えたかもしれない。

 しかし、この「Adobe Sensei」がこれまでに増して大活躍している。米国ではCovid-19によるパンデミックによって、クリエイターやデザイナーなどの在宅ワークが隆盛したこともあり、Adobe Creative Cloudなどのツールが浸透しているという背景がある。そして、最近では、デザインツールだけにとどまらず、マーケティング、顧客体験、デジタル文書、契約管理などB2Bの領域に拡大している。これらのデジタルツール背景にはアドビのAIテクノロジーがある。「ポスト・パンデミック×クリエイターエコノミー」の世界の進展が「Adobe Sensei」を後押ししているといえるだろう。

 こうしたアドビのAIテクノロジーのいくつかの代表的なものは「Adobe Summit 2021」の各セッションで紹介されたが、さらに注目すべきは開発中の製品やプロダクトをチラ見せする「Sneaks」というセッションの数々だ。ここではその6つのプロジェクトを紹介する。

 

「Sneaks」ホスト:アドビのデジタルマーケティング事業部を統括するSteve Hammond(スティーブ ハモンド)氏

 

次のページ
Catchy Content:AIによる最適なデザインオブジェクトを提案

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
CXM(顧客体験管理)最前線連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

京部康男 (編集部)(キョウベヤスオ)

翔泳社 メディア事業部。同志社大学卒業後、人材採用PR会社に就職後1994年から翔泳社に参加。以後、翔泳社の各種イベントの立ち上げやメディア、書籍、イベントに関わってきた。現在は、嘱託社員の立場でEnterpriseZineをメインに取材・編集・書籍などのコンテンツ制作に携わる。 趣味:アコギ、映画...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/14849 2021/08/30 10:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング