SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

IT Initiativeスペシャル

自社運用とクラウド双方のメリットを活用し業務効率改善とITコスト削減を両立するMicrosoft Online Services


 マイクロソフトでは、実績あるアプリケーションを継続して提供するとともに、同様の機能をクラウドでも提供する。自社運用とクラウドのサービスは、どちらか一方だけを選ぶ二者択一ではない。双方を組み合わせて融合させ、連携させることで新たな価値が生まれる。それにより、業務効率改善とコスト削減という相反しがちな目的を両立し、柔軟で俊敏性のあるIT環境が提供できる。

 

 マイクロソフトでは、実績あるアプリケーションを継続して提供するとともに、同様の機能をクラウドでも提供する。自社運用とクラウドのサービスは、どちらか一方だけを選ぶ二者択一ではない。双方を組み合わせて融合させ、連携させることで新たな価値が生まれる。それにより、業務効率改善とコスト削減という相反しがちな目的を両立し、柔軟で俊敏性のあるIT環境が提供できる。

 

 

自社運用とオンライン サービス双方の「良いとこ取り」をする

 世界規模での経済危機が発生し、ビジネス面からも技術面からも優先的な課題として挙げられているのは、コストの削減だ。コスト削減を実施する手段の一つとしてキーワードとなっているのが、オンライン サービスやSaaSである。

 ITシステムを自社内で運用することによるコストを、オンライン サービスの利用で削減することに関心が集まっている。

 セキュリティやカスタマイズ性の高さなど、自社内でITシステムを運用するメリットはもちろんある。自社内で運用するメリットを選ぶのか、展開の俊敏性や運用管理コストの低減といったオンライン サービスのメリットを選ぶのか。

 二者択一ではなく双方の良いところを利用するべきだというのが、「ソフトウェア+サービス」という考え方だ。双方を状況に応じて適宜使い分けを行い、それらを融合させて利用することで新たな価値が生まれる。

次のページ
「ソフトウェア+サービス」により新たな価値を生み出す

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
IT Initiativeスペシャル連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

磯貝 直之(イソガイ ナオユキ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/1501 2009/07/10 18:10

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング