SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Data Tech 2022

2022年12月8日(木)10:00~15:50

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

堅い話は一切抜き!超実践派のためのトレーサビリティ活動入門

10分間でツボが分かる! 手を動かして覚えるトレーサビリティの進め方

第3回

情シス部門のためにトレーサビリティを解説する連載の第3回。前回まではトレーサビリティの意味や、その重要性などについて説明をしてきました。今回は演習編ということで、実際に問題を出題し、解説しながら、トレーサビリティの方法論をお伝えしていきたいと思います。

はじめに

 第1回と第2回では、トレーサビリティの考え方や意義についてお話しました。この連載におけるトレーサビリティの定義とは、以下のとおりです。

 顧客要件(=開発の出発点)から、プログラム(=終点)までの過程を追跡できるようにすること

 再度、おさらいしておきますと、「顧客要件」とは、皆さんがプロジェクトを立ち上げるにあたって抱いている「何か、もっと満足したいこと」を文書にまとめたもののことです。この連載では、顧客要件を開発プロセスの出発点、最終的に納入される各プログラムを終点と考えるのでした(詳細については、第1回を参照のこと)。

 さて、これまでの連載をすべて読んでいただいた場合も、スキップされた場合も、第3回まで読み進めていただいているわけですから、トレーサビリティを実現することに価値を感じていただいていることには違いないと思います。

 では、トレーサビリティとは、具体的にはどのように実現すればよいのでしょうか?

 

トレーサビリティを確保するために最適な手段とは?
トレーサビリティを確保するために最適な手段とは?

 自動化や用語検索など、さまざまな手法が考えられると思います。いくつかの現場での実践を経て、現時点で私が至った結論は「全行に固有のIDをつけて管理・検索できる仕組みを作る」というものです。

 今回は、トレーサビリティ活動の具体的な実践方法を、お話しします。

次のページ
[演習1] 設問~顧客要件をExcelシートに入力しなさい

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
堅い話は一切抜き!超実践派のためのトレーサビリティ活動入門連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

南川 しのぶ(ミナミカワ シノブ)

IT技術、IT経営のコンサルタント。主にシステム開発コンサルティング活動の他、外部セミナー、顧客先企業の内部セミナーの講師も務める。カーネギーメロン大学のソフトウェア工学研究所(Software Engineering Institute)認定PSPソフトウェア開発者(SEI-Certified P...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/1509 2009/07/21 07:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年12月8日(木)10:00~15:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング