SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Data Tech 2022

2022年12月8日(木)10:00~15:50

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

堅い話は一切抜き!超実践派のためのトレーサビリティ活動入門

要求定義書と仕様書の海で溺れないための10分でできる要件変更対策

第4回

各種の開発資料は「見たいときに、見たいところを、いつでも見る」ことができなければ、意味がないですね。第3回の実習で作った、対になったデータを材料に、データを検索できる仕組みを整えます。要件変更に強い仕組みを作り、可視化を実現します。

まずは、おさらい

著者注

 「前回分はしっかり覚えている!」という方は、さっそく本日の演習に進みましょう!

 前回は、顧客要件と、それに対して作成した機能の一覧表を取り上げました。

案件起案書
案件起案書
機能提案書
機能提案書

 それを、前回までのお話でも再三お見せしている下記の図のように加工しました。「全行に固有のIDをつけて管理・検索できる仕組みを作る」という考え方でしたね。ある要件を満たすための機能はどれか、あるいは、ある機能はどの要件を満たすためのものなのか。記憶や文章ではなく、データベースとして管理できる仕組みを作ったわけです。

要件と機能を対応させる
要件と機能を対応させる

 結果として出来上がったのが、下のような表です。

要件の一覧
要件の一覧
要件の詳細
要件の詳細
機能の一覧
機能の一覧
機能の詳細
機能の詳細
編集部注

前回までサンプル画面をAccess 2007にて作成していましたが、現時点でOfficeに不具合があることが判明したため、今回より2003での画面に切り替えております。ご迷惑をお掛けして真に申し訳ございません。

 ここまで第4回を読んで、経緯がわからない方は、この連載のご利用意図に応じて読み直してみることをおすすめします。

  1. そもそもトレーサビリティの概念について知りたい

     >第1回

  2. トレーサビリティ導入のヒントを得たい、切り口を知りたい

     >第2回

  3. 上記の表の作り方を知りたい

     >第3回

 では、今日もご一緒に、トレーサビリティを習得していきましょう!

次のページ
本当に10分でできる!検索機能

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
堅い話は一切抜き!超実践派のためのトレーサビリティ活動入門連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

南川 しのぶ(ミナミカワ シノブ)

IT技術、IT経営のコンサルタント。主にシステム開発コンサルティング活動の他、外部セミナー、顧客先企業の内部セミナーの講師も務める。カーネギーメロン大学のソフトウェア工学研究所(Software Engineering Institute)認定PSPソフトウェア開発者(SEI-Certified P...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/1751 2010/03/04 00:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年12月8日(木)10:00~15:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング