SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZine Day 2022 レポート(PR)

かかったのは8営業日だけ カルビーのアプリ作りにあった、ServiceNowのデジタルワークフロー

EnterpriseZine Day 2022:ローコード開発による民主化と、企業が目指すべき将来像

ローコード/ノーコード開発環境の要件

 「ローコード/ノーコード」の2つはしばしばセットで語られる。だがローコード開発は「プロ開発者向け」のアプローチで、「市民開発者向け」には一切コードを書かなくても動作するノーコードのアプローチが求められる。ServiceNowが提供するNow Platformは、両方の開発者向けに設計されており、大きく4つのコンポーネントから成る。

 第一に「ノーコード/ローコード」と呼ばれる開発環境である。そして第二に、アプリケーション同士をつなぐための「ワークフローシステム連携」、第三に複数のアプリケーションをデジタルワークフローにまとめる際に重要になる「ユーザー体験」のための機能、最後に「AI」の機能である。デジタルワークフローは一度展開したら終わりではない。長期的な投資の始まりだ。リリースしたアプリケーションを陳腐化させないためには、プラットフォームが必要と加藤氏は話す。そのための4つのコンポーネントをプラットフォーム上で提供するのがServiceNowのNow Platformである。

 Now Platformが提供する市民開発向けの開発環境がApp Engine Studioだ。App Engine Studioでは、開発に不慣れな人でも問題なく使えるよう、アプリケーションテンプレート、フローテンプレート、ガードレールと呼ばれる開発指針に基づく再利用を促す仕組みをセットで提供している。

 また、デジタルワークフローの裏側は単体のアプリケーションが動いているのではない。あるアプリケーションで何かの承認手続きを実行すると、別のアプリケーションがその結果を受け取り、処理が続く。アプリケーション間のデータのインポート/エクスポートを柔軟に行えるよう、Automation EngineもNow Platformでは提供する。

 Automation Engineには大きく2つの機能があり、1つがAPIを利用してアプリケーションをServiceNowに接続するためのIntegration Hub、もう1つがAPIを用意していないレガシーアプリケーションと連携するためのRPA Hubだ。

次のページ
DXの3段階とデジタルワークフロー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
EnterpriseZine Day 2022 レポート連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

冨永 裕子(トミナガ ユウコ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/16298 2022/08/03 11:37

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング