SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

デキるシステム担当者のスキルノート

稟議を通せ!上司を納得させるシステム提案の冴えたやり方

どれほど優れたIT投資計画も実行できなければ意味がありません。今回は、社内稟議を突破するために最低限知っておきたいポイントを解説します。

情報システム部も高度なコミュニケーション力が求められている

 これまで会議ファシリテーションに関する連載を続けてきましたが、情報システム部門で使えるコミュニケーションノウハウを重点的に取り上げていくために、「情報システム部門向けのコミュニケーション術」と改めてお届けしていきます。

 情報システム部門はITそのものを扱う部署であり、ITに関わるあらゆるコミュニケーションが発生します。例えば、ベンダーから支援を受けてシステム開発や運用をしているのなら、ベンダー管理、サブコン(サブコンストラクター)管理が必要です。社内ユーザーへのサポートを受け付けているならユーザー依頼対応がありますし、新たなITシステムを導入するためには稟議プロセスで多くの人を説得することが求められます。いずれもコミュニケーションスキルや表現力がものをいう世界です。

 専門性に根ざしたITスキルを有することはもちろん必要ですが、ITに関する説明責任を果たすためにはそれだけでは足りません。客観的な情報と相手を納得させるだけの説得力が必要になります。

 このなかでも最も難しいのが稟議です。経営者の意思決定を求める稟議プロセスはどこの業界にもありますが、ITスキルとは無関係に社内提案力が要求されるため、IT業界の人間には慣れ親しみが少なく困っている人が多いと思われます。そこで第1回では稟議を取り上げます。

 稟議で最も重要なことは「目的と効果」を明らかにし、「財務的な影響」を示すことです。ここからはこの両面について深く掘り下げてみましょう。

次のページ
定量評価なき稟議は時間のムダ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
デキるシステム担当者のスキルノート連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

吉澤 準特(ヨシザワ ジュントク)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/1750 2009/08/25 07:00

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング