SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2024 春の陣

2024年3月13日(水)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

Security Online Press(AD)

「詳しい人ほど誤解が多い」意外と実現可能なデータベース暗号化、性能低下の懸念も解決へ

データベース管理者が主体的にデータ保護ソリューションを実装する

 現在、日本市場でD'Amoというと、主にOracle DatabaseやMicrosoft SQL Serverにアドオンできる暗号化ソリューションとして知られている。ただし、単にアドオンできるだけでなく、前述したようにデータベース管理者が抱きがちな暗号化に対する不安を和らげる数々の機能や特徴を備えている点が注目ポイントだ。

 「既存のデータベース環境において、後付けで“暗号化”を導入できることがD'Amo( Plug-in型)の特徴のひとつですが、アプリケーション開発を前提としない『透過的暗号化』を実現できる点も高く評価されています。多くのデータベース管理者はアプリケーションに影響が及ぶシステム変更を嫌いますが、D'Amoならアプリケーションクエリーを維持した状態で暗号化を導入できます」(美濃部氏)

画像クリックで拡大
画像クリックで拡大

 また、導入・運用にあたっては、独自のスキルが必要とされることもほとんどない。基本的には、Oracle DatabaseやSQL Serverの標準基盤の上に実装されているため、データベース管理者が有している一般的なスキルさえあれば容易に理解できるという。

 「現場のデータベース管理者の方々は、D'Amoのようなサードパーティー製品や新たなセキュリティを導入することに抵抗を示す方もいらっしゃいます。しかし実際にお客様の環境で製品の検証を行ってみると、従来のデータベース管理の延長線上でデータが保護できることを理解していただけるため、ほぼ例外なく本格導入に至っています」(美濃部氏)

 なお、D'Amo自体は元々Oracle DatabaseやSQL Serverに特化した製品ではないため、様々なデータベースシステム環境に対応できるだけのソリューション・ラインナップを有しており、そのモジュール数は30種類以上に及ぶという。また、既に法的に特定データの暗号化が義務付けられている韓国国内を中心に数多くの採用事例を持つため、様々な用途や環境ごとのベストプラクティスを多数取り揃えている点は、導入担当者にとっても心強い。

 最後に、こうした豊富な実績や知見を基に、今後日本の企業・組織に対してその価値をさらに広く訴求していきたいと美濃部氏は抱負を述べる。

 「今後日本企業のDXや社会全体のデジタル化が進むにつれ、個人情報やプライバシーに関してのデータ保護に対する要求がさらに高まるはずです。そうした社会的要請に応えるためにも、データベース暗号化はもちろんのこと、アプリケーションの暗号化開発やOS・カーネルレベルでの暗号化、暗号化鍵の統合管理など、弊社が持つその他のポートフォリオも日本市場に展開する計画があります。その上で、データベース担当者の方はもちろん、社会的なニーズと課題に応えていきたいと考えています」(美濃部氏)

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
Security Online Press連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

吉村 哲樹(ヨシムラ テツキ)

早稲田大学政治経済学部卒業後、メーカー系システムインテグレーターにてソフトウェア開発に従事。その後、外資系ソフトウェアベンダーでコンサルタント、IT系Webメディアで編集者を務めた後、現在はフリーライターとして活動中。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

提供:ペンタセキュリティシステムズ株式会社

【AD】本記事の内容は記事掲載開始時点のものです 企画・制作 株式会社翔泳社

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/18101 2023/08/08 10:00

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2024年3月13日(水)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング