SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Data Tech 2022

2022年12月8日(木)10:00~15:50

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

Interview(PR)

既存の共有ディスク型アーキテクチャの弱点を克復したIBM DB2 pureScale

「purescale」についてもっと知りたいあなたはこちら!

メモリに直接アクセスする高速通信技術を採用

 また、メンバー間通信にOracle RACではIPを使用しているが、pureScaleではRemoto Direct Memory Access(RDMA)という、極めて高速な方式を採用している。RDMAは、CFのメモリを直接更新可能で、これはプロセス間通信でもなく、割り込みも発生せず、カーネル経由のIPコールでもないので、極めて高速な通信が可能となる。さらに高速なInfiniBandを採用した結果、ナノ秒オーダーでのアクセスを実現したのだ。

 この高速化で「障害発生時にもロックされるデータがほとんどなく、障害メンバーは他のメンバーへの影響を最小限に抑え極めて高速に復旧できる」と日本アイ・ビー・エム ソフトウェア事業 インフォメーション・マネジメント事業部 ソフトウェア・エバンジェリストの中林紀彦氏は指摘する。

日本アイ・ビー・エム ソフトウェア事業
インフォメーション・マネジメント事業部
ソフトウェア・エバンジェリスト 中林紀彦氏
日本アイ・ビー・エム ソフトウェア事業 インフォメーション・マネジメント事業部 ソフトウェア・エバンジェリスト 中林紀彦氏

 これら技術により、pureScaleでは高い拡張性について実証済みだと中林氏は強調する。実証実験の結果、32メンバーの構成でも95%以上の性能を確保し、112メンバーまで拡張しても81%の性能が発揮されたとのこと。

 pureScaleは、後発であるがゆえに既存製品の弱点を克復する機能を十分に備えたものに仕上がっている。そして、IBMではこのクラスターアーキテクチャに最適なライセンスも提供する。これにより、極めて高い可用性と拡張性のシステムを、最適なコストで運用できることにもなる。

図2:pureScaleのスケーラビリティの実証結果
図2:pureScaleのスケーラビリティの実証結果
「purescale」についてもっと知りたいあなたはこちら!

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
Interview連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/1995 2010/05/11 11:48

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年12月8日(木)10:00~15:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング