SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Data Tech 2022

2022年12月8日(木)10:00~15:50

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

IMPACT AUTUMN 2009 JAPAN 特別レポート(PR)

アプライアンス製品が日本のSOAを救う?~コモディティーの時代に即したIT部門の役割とは

IMPACT AUTUMN 2009 JAPAN 特別レポート

ユーザーの懸念を取り除くSOAアプライアンス

 アプライアンス製品の特徴が、今後発揮されると見られる領域の1つがSOAである。

 SOAによるシステム構築が大きな期待を集めながら、日本企業の間で十分に普及していないことは広く知られているが、その阻害要因の1つに、XML通信が抱える品質と安全性に対する不安がある。Webサービスによって手軽にデータ交換を行えることはSOA環境の大きな利点だが、その反面、テキスト・データであるXMLをサービス間通信に用いるために、パフォーマンスの低下を招きやすく、セキュリティを確保するための手間もかかるという問題を抱えている。

 そうした課題を克服するために提供されているのが、XML処理に必要な機能を切り出し、専用のハードウェア上に実装した「SOAアプライアンス」である。キャッシュ技術など駆使してXMLデータの高速処理や負荷分散などを行うほか、XML特有の外部攻撃からサービスを保護するためのセキュリティ機能、アクセス権の設定やポリシーに従ったルーティングなどガバナンス機能などを実装し、アプリケーション・サーバの負荷を大幅に軽減することが可能だ。なかには、既存のアプリケーション資産をSOA環境に組み込むうえで必要となるデータ・フォーマットやプロトコルの変換もサポートする、いわば「ハードウェアESB(Enterprise Service Bus)」とでも呼ぶべき製品も登場している。

 「SOAアプライアンスは、機能だけに着目すれば“XML処理の外出し”したシンプルな存在だが、Webサービス標準を利用することによる手軽さと、信頼性・安全性を両立させるうえで有益な選択肢となりうる」(舘野氏)

 また、舘野氏は、今後アプライアンスを活用したシステム構築手法が一般的になるにつれて、ユーザー企業のIT部門の役割にも変化が求められる可能性があると指摘する。「従来までの“作り手一辺倒”から、自社のシステム・アーキテクチャに沿って適材適所で製品やサービスを選択できる“目利き”としての能力がより問われることになるだろう」と語った。

次のページ
用途に応じた豊富なラインアップを備えるIBMのDataPowerファミリー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
IMPACT AUTUMN 2009 JAPAN 特別レポート連載記事一覧
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/2053 2010/05/11 11:54

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年12月8日(木)10:00~15:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング