SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Data Tech 2022

2022年12月8日(木)10:00~15:50

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

IMPACT AUTUMN 2009 JAPAN 特別レポート(PR)

アプライアンス製品が日本のSOAを救う?~コモディティーの時代に即したIT部門の役割とは

IMPACT AUTUMN 2009 JAPAN 特別レポート

IT製品市場において、アプライアンス製品が存在感を強めている。Webサーバやメール・サーバなどをはじめとして、ネットワークの上位レイヤに位置する機能にも進出し始めたアプライアンスは、実践の難しいSOA実現の新しい鍵となるかもしれない。

台頭するアプライアンス製品

 近年、企業向けのIT製品市場において「アプライアンス」と呼ばれるハードウェア製品が存在感を増している。かつては、ルーターやスイッチなどのネットワーク機器、ファイアウォールなどのゲートウェイ・セキュリティなど、ITシステムのインフラ部分を担う機能がアプライアンス化されるケースがほとんどであった。

 しかし、ここにきて、Webサーバやメール・サーバなどの単機能サーバ、SSLアクセラレータやアプリケーション・パフォーマンス監視、さらにはデータ・ウェアハウス――といったように、ネットワークの上位レイヤに位置する機能も続々とアプライアンス化されるようになっている。

 アイ・ティ・アールのシニア・アナリストである舘野真人氏は、近年のアプライアンス製品台頭の背景には、インターネットのビジネス利用の成熟度が深く関係しているとの見方を示す。

 「企業ITにおけるインターネットの利用形態が単純なIPルーティングからWebアプリケーション、さらにはSOA(Service-Oriented Architecture)へと成熟化されるにつれて、ユーザー企業が抱える課題も急速に共通化されつつある。そうしたなか、複数の企業が共通で求める機能をアプライアンスとして切り出し、ワンボックスで提供するという流れが形成されている」(舘野氏)

株式会社アイ・ティ・アール シニア・アナリスト 舘野真人氏
株式会社アイ・ティ・アール シニア・アナリスト 舘野真人氏

 ユーザー企業にとって、アプライアンス製品の最大のメリットは、やはり投資対効果の見えやすさだ。必要な機能があらかじめインストールされ、かつ初期設定や検証が施された状態で出荷されるアプライアンス製品は、インプリメンテーションに手間がかからず、購入直後から利用することができる。ハードウェア仕様も機能向けに最適化が図られており、ベンダーが公表するカタログ・スペックから実際の効果を想定しやすいという面もある。また、外部インタフェースが共通化されていることなどによって、入れ替えが容易であること、冗長化が図りやすいことなど、アーキテクチャの柔軟性を確保するうえでの価値も少なくない。

 舘野氏は、「今後は、重厚長大なプログラムを一から作り込むのではなく、アプライアンスの組み合わせによってシステムを構築しようという動きが加速する可能性がある」と指摘する。

次のページ
ユーザーの懸念を取り除くSOAアプライアンス

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
IMPACT AUTUMN 2009 JAPAN 特別レポート連載記事一覧
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/2053 2010/05/11 11:54

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年12月8日(木)10:00~15:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング