SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

業務効率を上げる Microsoft Officeテクニック集

PowerPointの資料の配布に困った時には?

困ったときのMicrosoft Office Tips - PowerPoint (1)


 この連載では、さまざまなシーンにおいてMicrosoft Officeツールを使いこなすためのTipsを紹介します。今回は、PowerPointで作成したプレゼン資料の配布をテーマに、PowerPointを持っていない人にプレゼン資料を配る方法、配布資料として印刷するための秘訣、および、インターネットに公開するためのWebプレゼンテーションの作成方法について解説します。

はじめに

 PowerPointで作成したプレゼン資料を配布したい場合がありますよね。しかし、先方のPCにはExcelとWordだけが入っていて、PowerPointがインストールされていないというケースも少なくありません。また、配布資料として複数のスライドを1ページに印刷すると、空白が多く、一つ一つのスライドが小さくて見づらくて困ってるという方もいるのではないでしょうか。

 そこで今回は、プレゼン資料の配布において、このようなさまざまなケースに対応するための解決策、Webサイトに公開するためのWebプレゼンテーションの作成、および、プレゼンテーション資料をCD-Rで配布する方法を紹介します。

PowerPointを持っていない人に配りたい

 PowerPointを持っていない人に、プレゼン資料をデータとして配布するには、主に、以下の3つの方法があります。

  • 先方のPCに、PowerPoint Viewerをインストールする
  • Webページ形式で保存する
  • プレゼンテーションパックを利用して、CD-Rに書き込む

ここでは、上二つの方法について触れ、最後のプレゼンテーションパックについては後述します。

PowerPoint Viewerの利用

 PowerPoint Viewerを利用すると、PowerPointを持っていないPCでもプレゼンテーションファイルを開くことができます。ただし、ファイルをダブルクリックするとプレゼンテーションが実行されるだけで、編集はできません。

 PowerPoint Viewerは、マイクロソフトダウンロードセンターから入手できます。

Webページ形式で保存する

 プレゼンテーションをWebページ形式で保存すると、Internet Explorerでプレゼンテーションの内容を見ることができます。この場合、元のプレゼンテーションファイルの内容は変更されずに残ります。

  1. [ファイル]-[Webページとして保存]を選択します。 PowerPoint 2007の場合は、オフィスボタンをクリックし、[名前を付けて保存]-[その他の形式]をクリックし、[名前を付けて保存]ダイアログボックスの[ファイルの種類]を「単一ファイルWebページ」または「Webページ」に設定します。
  2. [名前を付けて保存]ダイアログボックスにて、保存先を指定します。
    名前を付けて保存
  3. [ページタイトル]は、ブラウザのタイトルバーに表示される文字列です。変更する場合は[タイトルの変更]ボタンをクリックし、[テキストの入力]ダイアログボックスにて、ページタイトルを指定し、[OK]ボタンをクリックします。
    テキスト入力
  4. 最後に、ファイル名を指定して、[保存]ボタンをクリックします。
「単一ファイルWebページ」と「Webページ」の違い

 Webページとしてプレゼンテーションを保存する場合のファイルの種類には、「単一ファイルWebページ」と「Webページ」の2種類あります。

 単一ファイルWebページとは、画像やテキストなどがすべて一つにまとまったファイルに保存します。単一ファイルWebページとして保存することにより、一つのファイルとして扱えるため、電子メールに簡単に添付でき、Web上からのダウンロードもスムーズになります。ただし、対応するブラウザはInternet Explorer 4.0以降です。

 一方、通常の「Webページ」として保存すると、テキスト(HTMLファイル)と画像が入ったフォルダが別々になって保存されるようになります。画像は、そのHTMLファイルと同じファイル名の最後に「.files」がついたフォルダの中に格納されます。メール添付やWeb上でのデータの受け渡しには(これらをまとめてZIP圧縮などによってファイルを一つにする必要があるため)不向きですが、Internet Explorer以外のブラウザにも対応し、汎用性が高まります。

次のページ
Webサイト公開用にWebページ形式で保存するには

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
業務効率を上げる Microsoft Officeテクニック集連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

小濱 良恵(コハマ ヨシエ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/241 2008/09/05 22:08

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング