SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

Interview

オラクルDBにおけるパフォーマンス課題の解決を支援する「RESQ」とは?


IT環境の向かうべきゴールを定め、道筋を提案

 またIOアクセラレータによるDBインフラ採用で、高速化と同時に注目すべきメリットが、基本的にアプリケーションとデータ側に手を加えることなく導入できることだ。業務を止めずにインフラだけを入れ替え、大幅なパフォーマンス向上が見込まれる。ただ木村氏は、RESQの目的は必ずしもIOアクセラレータ活用によるDBインフラ構築だけではないと強調する。

 「劇的な高速化は確かにゴールの一つですが、お客様の状況やニーズにより、すべてに当てはまるソリューションだとは考えていません。一般的な外部FCストレージにも、コスト面、耐久期間など、様々な長所があります。まず、現状のパフォーマンスの問題をきちんとモニタリングして、適材適所の対応が必要だと考えています」(木村氏)。

 ここでポイントになるのが、サーバーやストレージから電源、データセンターの空調までを網羅できるHPの総合コンサルティング力だ。吉岡氏は「まず現状を把握し、将来のお客様のビジネスとIT環境がどうあるべきか、というゴールを設定する」という基本方針の重要性を指摘する。その上で、「ゴールに行く道筋のロードマップをきちんと定義し、スケジューリングしてお客様に提案するのが日本HPのコンサルタントの役割」であると木村氏は語る。

 現在の企業DBでは、これまで以上に高い処理性能、信頼性、データの保全性、整合性が求められている。RESQをはじめとする日本HPのソリューション、コンサルティングに注目したい。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
Interview連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/2608 2010/10/27 10:55

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング