SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2024 Summer

2024年6月25日(火)オンライン開催

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

Events & Seminars

Amazonクラウドの強さは、薄利多売ビジネスのDNA―Amazon Web Service ダン・パワーズ氏が講演


2011年4月6日、アマゾン データ サービス ジャパン株式会社は、東京都内で同社が提供するAmazon Web Service(以下:AWS)の最新動向と、同社のサービスを利用しているユーザー企業の活用事例を紹介する「AWSクラウドアドバンテージセミナー」を開催した。特別セッションでは、米国AWSのバイスプレジデント ダン・パワーズ氏が、同社のサービスの実績とその優位性について説明を行った。

柔軟性と低コストが評価され、AWSは急速に拡大

 「いま、ITインフラの仮想化が進んでいます。このオンデマンドのインフラで、新しいビジネスモデルが可能になっているのです」。 特別セッションの冒頭で、グローバルでの全セールスおよびビジネスデベロップメント部門を統括する米国AWSバイスプレジデントのダン・パワーズ氏は、クラウドコンピューティングの到来によりITの新潮流が始まっていると指摘した。

 AWSは、サービスの提供を始めてからすでに5年目を迎えているが、Amazon.com自体では、クラウドコンピューティングの概念にあたるものは、すでに10年以上前から実施しているという。Amazon.comでは、オンラインでさまざまな商品を販売するというリテールのサービスをグローバルに展開してきた。

Amazon Web Services バイスプレジデント
 ダン・パワーズ氏
Amazon web Services バイスプレジデント ダン・パワーズ氏

 「Amazon.comのビジネスの中で、さまざまな顧客の情報をセキュアに扱ってきました。その際のノウハウ、インフラを使って新たなビジネスができるのではと考え、生まれたのがAWSなのです」とAWSの提供をスタートさせた理由をダン氏は説明する。

 AWSは、すでに世界190カ国に数十万規模の顧客がおり、「5年目のビジネスとしては、かなりいい数字」とダン氏は語る。確かに、同社のビジネス拡大のスピードは、凄まじいものがある。「Amazon.comは2000年当時、年商で27.6億ドルの企業だった。そのビジネスを行うのに必要だったリソースと同等なものを、いまではAWSで毎日追加している」(ダン氏)というのだから、インフラ拡大のペースの速さは驚異的だ。

 旧いITの世界では、ピーク時に合わせるので必要以上のITキャパシティを購入してビジネスを行わなければならなかった。しかし新しいITの世界では柔軟に拡張でき、すぐにスケールダウンもできる。そして、現在使っているリソースだけに支払い、使わないものには支払う必要がないというのは大きな違いだという。

 さらに、「何千台ものサーバーもわずか数分で立ち上げられる。ここで削減された手間で、限られたエンジニアリソースを顧客と自社の成長のために使えるというのが、AWSが評価されているポイントである」と、ダン氏は強調する。(次ページへ続く

次のページ
さまざまな目的で利用されるAWS

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
Events & Seminars連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

谷川 耕一(タニカワ コウイチ)

EnterpriseZine/DB Online チーフキュレーターかつてAI、エキスパートシステムが流行っていたころに、開発エンジニアとしてIT業界に。その後UNIXの専門雑誌の編集者を経て、外資系ソフトウェアベンダーの製品マーケティング、広告、広報などの業務を経験。現在はフリーランスのITジャーナリスト...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/3030 2011/04/08 14:47

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング