Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

日立ソフト、集中型Javaコード診断ツール「anyWarp CodeDirector V5.1」を発売

  2008/04/17 11:30

日立ソフトは、Javaプロジェクトでのコーディングルール違反を組織的にチェックする、コード診断ツールの新版を16日から発売開始した。

 日立ソフトは、集中型Javaコード診断ツールの新版「anyWarp CodeDirector V5.1」を16日より発売開始した。同ツールは、Java開発におけるコーディングルール違反をプロジェクト全体で組織的にチェックするコード診断ツールの機能拡張版。

 今回の製品では、母体ソースコードと修正後ソースコードの差分箇所のみを診断する「母体差分インスペクション機能」の追加により、確認作業を効率的に行うことが可能となった。また、レポート表示を行うWebブラウザとしてInternet Explorer 7への対応を行っている。

 動作環境は、Windows 2003 Server、XPなどで、製品価格とサービス内容は下記のとおりとなっている。

 

「anyWarp CodeDirector」製品価格
製品名 製品内容 標準価格(税別)
anyWarp CodeDirector 10ユーザ版(*) ライセンス 1,000,000円
anyWarp CodeDirector 30ユーザ版(*) ライセンス 2,600,000円
anyWarp CodeDirector 50ユーザ版(*) ライセンス 4,000,000円
anyWarp CodeDirector 100ユーザ版(*) ライセンス 6,000,000円
anyWarp CodeDirector サイトライセンス版(*) ライセンス 30,000,000円
anyWarp CodeDirectorメディアキット CD 5,000円
「anyWarp CodeDirector」サービス体系
サービス名 サービス内容 標準価格
年間保守サービス 詳細は同社のWebページを参照 製品標準価格の16%/年
コーディングルール開発 コーディングルール設計や運用環境の構築等の支援 個別見積コンサルティングサービス

 
【関連リンク】
日立ソフト、集中型Javaコード診断ツール「anyWarp CodeDirector」に新機能(プレスリリース)

著者プロフィール


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5