SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

MySQL事始

MySQL事始 データ型

第7回


今回は、MySQLで利用可能なデータ型について解説します。

データ型の種類

MySQLで利用可能なデータ型は大きく分けて以下の種類となります。

  • 数値型
  • 日時型
  • 文字列型
  • バイナリ型
  • 選択肢型

データ型の選択の基本は、ABCと表現されることがあります。

  • A = Apt【形】最適な、ふさわしい -> 格納するデータの種類にあったデータ型を選択する
  • B = Brief【形】手短な、簡潔な -> なるべく小さなデータ型を選択する
  • C = Complete【形】すべての部分[要素]を含む -> 格納予定の最大のデータを格納できるデータ型を選択する

同じ数値型の中でも、SMALLINTは-32,768から32,767までを格納できますが、TINYINTは-127から128までしか格納できません。例えば1,000を格納する列にはSMALLINTを利用する必要があります。一方でTINYINTは格納される値や指定した桁数にかかわらず常に1バイトしか消費しませんが、SMALLINTでは常に2バイト消費します。TINYINTの範囲の値しか格納しないことが分かっている列にSMALLINTを使用すると、レコードごとに余分に1バイト消費することになります。

データ型ごとに消費するデータサイズは下記ページの表を参照してください。

10.5. データタイプが必要とする記憶容量

次のページ
数値型

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MySQL事始連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

梶山隆輔(カジヤマリュウスケ)

日本オラクル MySQL Global Business Unit Asia Pacific & Japan担当 MySQLソリューション・エンジニアリング・ディレクターオラクル社において、MySQLのお客様環境への導入支援や製品の技術解説を担当するセールスコンサルタントチームのアジア太平洋地域リー...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/3457 2012/02/10 17:56

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング