Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

IBMのSBCEを使ったウイングアークのSVF(帳票SaaS)と連携 ブリスコラ、クラウド間連携により見積作成から帳票出力まで一貫処理するシステムを構築

  2011/10/19 00:00

ブリスコラは、帳票クラウド・サービスを導入し、従来から利用している顧客管理クラウド・サービスとクラウド間連携を行うことにより、見積書や納品書の作成から出力までを一貫して処理できるシステムを構築したと発表した。

今回のシステム構築では、帳票クラウド・サービスとして、日本IBMのパブリック・クラウド「IBM Smart Business Cloud - Enterprise(SBCE)」を活用したウイングアークテクノロジーズの「SVF(帳票SaaS)」を採用したという。「帳票SaaS」は、帳票が必要とされる日本企業の業務に適した運用を図るように設計され、柔軟で効率的な帳票運用環境を提供するとしている。

また、クラウド・サービス間の連携を簡単に実現できるアプライアンス製品「IBM WebSphere DataPower Cast Iron Appliance(Cast Iron)」を採用し、一般的には数カ月かかる顧客管理クラウド・サービスと帳票クラウド・サービスの連携を7日で実現したという。それにより、「Salesforce CRM」の画面上の帳票作成ボタンをワンクリックするだけで、リアルタイムに「帳票SaaS」と連携し、帳票の自動出力ができるという。

■ニュースリリース
http://www.briscola.co.jp/media/press/press_20111019.html

著者プロフィール


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5