SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

DB Press

データベースから始まるクラウドのパラダイムシフト、Amazon DynamoDB


I’m excited. ついに2012年3月1日 午前11時にアマゾン データ サービス ジャパン株式会社から発表されました。 2012年1月18日に米国で発表されてから、わずか1月半で日本でも展開された新サービス。そして、サービス発表はいつもブログで行われるにもかかわらず、今回はメディアをお招きしての新製品発表会。これらのいつもとは違う状況からもAmazonWebServicesのNoSQLへの力の入れようを見て取れます。望むスループットを叩き出す素晴らしい根性を持ったデータベースなのですが、アメリカでしか提供されておりませんでした。 そのため、レイテンシが大きく日本のユーザとしてはあまり恩恵は受けられませんでした。 しかし、本日3月1日DynamoDBが日本でも使えるようになりました。今日はNoSQL界のオールド・ルーキー、Amazon DynamoDBのお話です。

Amazon DynamoDBとは

Amazon Web Servicesが満を持してリリースした、NoSQLサービスです。 サービスなので、もちろんハードウェアの心配や、ソフトウェアのセキュリティ対策といったものが必要なくなります。

データの堅牢性とサービスとしての可用性

データベースでの心配事といえば、データの堅牢性・可用性かと思います。

まずデータの堅牢性でいえばAmazon DynamoDBは3箇所のデータセンターにレプリカを作り、たとえデータセンター2つが潰れようともデータは守られます。可用性もまた同じく、Amazon Web Servicesが管理する複数のデータセンターにまたがった、大量のサーバによって守られているため、サーバが1つや2つ壊れた程度ではびくともしない設計になっています。

2007年に発表された論文Dynamo: Amazon’s Highly Available Key-value Storeに、そのあたりのことが詳細に書かれています。この論文はAmazon DynamoDBの論文ではありませんが、先祖にあたるAmazon’s Dynamoの論文になるので、そこまで見当違いのことは書いてないはずです。

余談ですが、私はこの論文を見たときからDynamoの虜でした。

希望するスループットを提供

データベースのもう一つの心配事といえばスループットです。 毎秒どれくらいのQueryを捌けるのかということがアプリケーションを構築する上では重要です。例えばソーシャルゲームだとか、スマホ用のゲームでは、あれよあれよとユーザが増え、アクセスが対数グラフを使わないと間に合わないような成長があったりします。 そうありたいものです。

そんな時に、Amazon DynamoDBならAPIをコールするだけで、あっという間にスループットが思うようにスケールします。

これがもし、物理サーバであればスループットあげるために、CPUがどうしようだとか、ディスクをSSDにしようかとかスループットを直接指定することはできません。冗長構成を取っていればなおさらです。 スループットがリニアにスケールするわけではないので、スループットを予測することはかなりの職人の経験と勘だけが頼りなはずです。

Amazon DynamoDBでは必要なスループットを提供するために、ハードウェアの調整は自動で行なってくれます。

スループットと可用性、堅牢性の確保がこんなに手軽に手に入るのか

Amazon DynamoDBは、今お話ししたとおり、スループット、可用性、堅牢性の全てをノーメンテナンスで使うことができるデータベースサービスです。

既にデータの欠損がないと言い切れるほどのサーバ台数を抱えていて、深夜の障害だろうが何だろうが対応してくれるデータベースエンジニアを大量に抱えいる。そしてそのエンジニアたちを楽にしてあげる気が全くないのであれば、Amazon DynamoDBに全く魅力を感じないかもしれません。

次のページ
データの構造と料金体系

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
DB Press連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

得上竜一(トクガミリュウイチ)

株式会社マイニングブラウニー代表。

高校卒業後、電力会社の通信部門へ。社内にいくつもASがあるようなIP網やPDH,HDLCなどのL2以下のネットワークの保守を担当。その後パソコン・家電の激安店で価格調査と価格設定のシステムを開発。現在は進化させたそのシステムでインターネットの情報を集めるため...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/3815 2012/03/01 14:56

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング