SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2023 春の陣

2023年3月14日(火)10:00~16:00

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZine Press

Windows XPサポート終了後の「選択肢」―クラウド、モバイル、多様化し続けるIT利用環境とセキュリティ課題


2014年4月9日、Windows XPのサポートが終了する。つまり、今後これらソフトウェアに何らかセキュリティホールが見つかってもパッチは提供されず、これを回避するにはその製品の利用をやめるか、バージョンアップするしかない。サポート終了を間近に控え、企業はどのような選択肢やセキュリティ対策を考慮すべきなのか。株式会社カスペルスキー マーケティング本部 プロダクトマーケティング部 部長の松岡正人氏に話を伺った。

Windows XPの次にユーザーが選ぶ環境は、Windows 8とは限らない

 Windows XPのサポートが終了する。少し前から話題になっているので、読者の皆さんはもちろんご存じのことだろう。2014年4月9日をもって、Windows XP、Microsoft Office 2003、Internet Explorer 6のサポートが終了、以降はセキュリティ更新プログラムなどの重要なサービスの提供が行われない。つまり、今後これらソフトウェアに何らかのセキュリティホールが見つかってもパッチは提供されず、これを回避するにはその製品の利用をやめるか、バージョンアップするしかない。

株式会社カスペルスキー マーケティング本部
プロダクトマーケティング部 部長 松岡 正人氏

 もちろん、4月9日以降、Windows XPが使えなくなるわけではない。「このサポート終了の発表を受けたユーザーには、温度差があります。安全ではなくても、まだ2年くらいは使うという人もまだまだいるようです」と語るのは、株式会社カスペルスキー マーケティング本部 プロダクトマーケティング部 部長の松岡正人氏だ。セキュリティ対策製品を提供するベンダーの立場からも、ユーザーにはあらゆるリスクを理解した上で利用する、しないの判断をして欲しいと述べる。

 また、サポートの切れるWindows XPを今後も使い続けるかどうかの判断には、セキュリティ上安全かどうかという観点とは別の要因もあると松岡氏は指摘する。

 「Windows 7が出た頃は、新しいOSを早く使いたかった。しかしWindows 8はどうか。Windows 8の使いやすさがどうかではなく、そもそもPCでなくとも仕事は行えます。Windows XPを使い続けるかは、OSのサポートが終了する以上に、今後のユーザークライアントのプラットホームをどうしていくかを考える話なのです」(松岡氏)

 Windowsをバージョンアップするかではなく、そもそもPCをやめてスレートPCやタブレットへ移行する選択肢もある。その移行タイミングまでは、Windows XPを使い続けるという判断もあるわけだ。

 実は、このPC以外の選択は、セキュリティベンダーにとって対応に苦労するところだ。以前であればWindowsとMac OSだけを対象に製品提供していればよかった。しかし、いまではiOS、Android版も提供し、このあとはFirefox OSにもと、次々と対応していかなければならない。「これは、ここ1、2年の大きな環境変化です」(松岡氏)

 セキュリティ対策に積極的な企業は、Windows XPがどうこうではなく対策には投資する。とはいえ、そのこととは別に、今後の端末環境をどうしていくかの選択が始まっている。その変化を見据えたセキュリティ対策を、企業としては考えていかなければならない。

次のページ
セキュリティ対策は過渡期――多様化するIT環境に運用しながら随時対処するという現実

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
EnterpriseZine Press連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

谷川 耕一(タニカワ コウイチ)

EnterpriseZine/DB Online チーフキュレーターかつてAI、エキスパートシステムが流行っていたころに、開発エンジニアとしてIT業界に。その後UNIXの専門雑誌の編集者を経て、外資系ソフトウェアベンダーの製品マーケティング、広告、広報などの業務を経験。現在はフリーランスのITジャーナリスト...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/5032 2013/08/07 11:31

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2023年3月14日(火)10:00~16:00

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング