SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZine Press

「福島から高度なセキュリティ人材を輩出していく」会津大学、シマンテックのサイバーセキュリティ演習プログラムを採用


 シマンテックは9月10日、セキュリティ対策チームを対象としたサイバーセキュリティ演習プログラムの提供を開始した。第一弾として、コンピュータ専門大学である、福島県立会津大学が開講する「2013年度 サイバー攻撃対策演習・情報セキュリティ講座」に同プログラムが採用されたことを発表した。

米国、韓国に比べ、セキュリティの人材育成が大きく遅れている日本

シマンテック 代表取締役社長
河村 浩明氏

 「1日に1から2件は、セキュリティ事故に関する報道があります。これは今後も増える傾向にあり、危惧しています」と語るのは、シマンテック 代表取締役社長の河村浩明氏。セキュリティの脅威は増加しているのに対し、それを防御する国内の体制はいまだ不十分な状況だ。

 国際的なセキュリティ専門スキルの認証であるCISSP(Certified Information Systems Security Professional)の資格取得者数は、世界で8万6,000人あまり。そのうち5万7,587名が米国だ。しかし、これでも米国のセキュリティ対策の専門家は足りていないと言われている。対して日本は、わずか1,281名しかいない。韓国が日本のおよそ倍、日本よりはるかに人口が少ないシンガポールや香港が日本と同じくらいの取得者数である状況を見ても、いかに日本の人材が不足しているかがよく分かる。「日本はセキュリティの人材育成が遅れていて、由々しき状況です」(河村氏)。

 そんな中、シマンテックでは昨年2012年11月にサイバーディフェンスアカデミーを設立し、セキュリティ専門家の育成に努めてきた。今回の会津大学との取り組みは、そういった活動の中の1つであり、シマンテックの研修コンテンツを座学だけでなく演習も含め会津大学に提供する。

次のページ
個人のスキルだけでなく「セキュリティチーム」としての力を高める

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
EnterpriseZine Press連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

谷川 耕一(タニカワ コウイチ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/5123 2013/09/11 17:04

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング