SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

DB Press(AD)

シックス・アパートに訊く、「Movable TypeをWindows Azureに対応させて分かったこと」

Windows AzureにはAWSとは違うクラウド上のシステムデザインがある

Windows Azureではほとんど同じだけど少しだけ違う、その情報が不足していた

 プロジェクトは正式に動き出したが、苦労も多かった。

 「これはMovable Typeに限った話ではなく、オープンソース系のソフトウェアをAzureに載せようとする人すべてに共通です。当時は、Azureの上で動かすための情報があまりに少なかったのです」(柳下氏)

 オープンソース系ソフトウェアの多くがPerlやPHP、Javaなどで記述されている。「そういうソフトウェアを開発している人たちは、極力 .NETは書きたくないよねというのがあります。なのに、さまざまな言語に対する情報やSDK(Software Development Kit)などが充実していなかったのです」と柳下氏。

 もう1つ、Movable Typeの対応で苦労したのがWindows AzureのデータベースサービスSQL データベースの利用だった。「インターフェイスはオンプレミスのSQL Serverと変わらないのですが、運用していく上ではクラウドならではの苦労がありました」と高山氏。たとえば、SQL データベースのテーブルにデータを追加するには、クラスター化インデックスが必要だ。これは、SQL データベースが自動で複数データセンターに複製を作っているから。クラスター化インデックスがないテーブルにデータ追加すると、エラーとなる。当然ながら、オンプレミスのSQL Serverにはそのような制限はない。

 また、SQL データベースを使っていると、コネクションタイムアウトを起こしてしまうことがある。これはある意味クラウドなので仕方がないこと。これには、リトライするようにプログラムを書き換えなければならなかった。「ほとんどオンプレミスのSQL Serverと同じなのですが、クラウドでは少しだけ違う。その情報が少なかったのです」と柳下氏。

 Windows Azureへの対応のため、マイクロソフトと議論を重ね密な協力体制で連携作業が行われた。結果的には一部インストールのためのツールは .NETで記述されたが、Movable Type本体のソースコードには .NETで開発したプログラムを追加せずにWindows Azureへの対応は完了する。マルチプラットフォーム製品を提供する上で、これは重要なことだ。2012年12月、Movable Type AdvancedのWindows Azure対応版の出荷が正式に始まった。

 実際にWindows AzureでMovable Typeを動かしてみると、メリットがさまざまあることが分かると柳下氏は言う。「Azureのコンソールで簡単にデータベースのインポート、エクスポートができます。これはテスト環境を作るといった場合など、かなり楽です」とのこと。さらに、オンプレミスでActive Directoryを運用しているならば、Windows Azure Active Directoryを使えば、既存のユーザーID情報をシームレスにクラウドでも利用できる。クラウド用に別途ユーザー管理を考えなくていいというのも、運用上はかなり利便性が高い。

次のページ
AWSとは異なるクラウド上のシステムデザインが、Windows Azureにはある

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
DB Press連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

谷川 耕一(タニカワ コウイチ)

EnterpriseZine/DB Online チーフキュレーターかつてAI、エキスパートシステムが流行っていたころに、開発エンジニアとしてIT業界に。その後UNIXの専門雑誌の編集者を経て、外資系ソフトウェアベンダーの製品マーケティング、広告、広報などの業務を経験。現在はフリーランスのITジャーナリスト...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

【AD】本記事の内容は記事掲載開始時点のものです 企画・制作 株式会社翔泳社

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/5614 2014/02/24 13:00

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング