SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

MySQLステップアップ講座

MySQLのメタデータ管理(2) INFORMATION_SCHEMA

 今回はメタデータを表形式で格納して、分析に役立つINFORMATION_SCHEMAついて解説します。前回第5回で解説したSHOWコマンドに比べてより詳細な情報を柔軟な方法で利用できるのがINFORMATION_SCHEMAです。

INFORMATION_SCHEMAの役割と使い方

 INFORMATION_SCHEMAはSQL標準の規格となっている、インスタンス内のメタデータを格納するデータベースです。このようなメタデータを格納する機能は、データディクショナリやシステムカタログと呼ばれることもあります。MySQLのINFORMATION_SCHEMAは標準規格ANSI/ISO SQL:2003のPart 11のSchemataの定義に従っており、SQL:2003のコアであるF021 Basic information schemaに準拠するように実装されています。

 ISO/IEC 9075-11:2003 -- Part 11: Information and Definition Schemas (SQL/Schemata)

 INFORMATION_SCHEMAにはメモリに格納された参照専用の特別なテーブルがあり、SELECT文を使ってメタデータの確認ができます。ただし実態はテーブルではなくビューで、データを格納するファイルはありません。またトリガーの設定もできません。それぞれのテーブルに複数の文字列型の列が存在しますが、文字コードは基本的にutf8で、デフォルトのCOLLATION (utf8_general_c)を使用しています。

 SHOWコマンドではLIKE句やWHERE句でデータの絞り込みができますが、INFORMATION_SCHEMAに対してSELECT文のORDER BYやGROUP BY、UNIONさらに別のテーブルとのJOINなどができます。INSERT INTO ... SELECT ...文を使って他のテーブルにメタデータを挿入することも簡単にできます。

worldデータベース内の文字列型の列の数を取得
worldデータベース内の文字列型の列の数を取得

INFORMATION_SCHEMAのリファレンスマニュアルのポイント

 INFORMATION_SCHEMAの全てのテーブルの情報などはリファレンスマニュアルの下記を参照してください。

 http://dev.mysql.com/doc/refman/5.6/en/information-schema.html

 リファレンスマニュアルの各テーブルのページには、それぞれの列について3つの情報が掲載されています。

INFORMATION_SCHEMA Name  INFORMATION_SCHEMAのテーブルでの列名
SHOW Name SHOWコマンドの出力で該当する列名
Remarks 追記事項。MySQL extensionになっているものはSQL標準からの独自拡張

 また、テーブル名がInnoDB_で始まるものは、InnoDBストレージエンジン固有のテーブルで、稼働状況の監視やトラブルシューティングのために利用されます。これらのテーブルについてはマニュアルの別のページにまとめられています。

 http://dev.mysql.com/doc/refman/5.6/en/innodb-i_s-tables.html

次のページ
INFORMATION_SCHEMAの主なテーブル

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MySQLステップアップ講座連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

梶山隆輔(カジヤマリュウスケ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/5713 2014/03/31 00:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング