Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

オラクル、最新版「Oracle NoSQL Database 3.0」を提供開始

  2014/04/11 14:00

 オラクルは、4月2日(米国時間)、分散キー・バリュー(Key-Value)型データベースの最新版「Oracle NoSQL Database 3.0」の提供を開始した。この製品は、次世代アプリケーションの開発を簡素化し、優れたセキュリティ機能と、リアルタイムでの大量データのトランザクション処理に対応可能な可用性を実現するという。

 「Oracle NoSQL Database 3.0」では、企業レベルでの活用をサポートすると同時に、ITへの高まるニーズに対応するためにセキュリティ、開発容易性、パフォーマンスが強化されたという。

 製品の主な強化内容は次のとおり。

 ・セキュリティの強化
  OSに依存しないクラスタ全体でのパスワードを用いたユーザー認証および「Oracle Wallet」との統合により、機密データへの不正アクセスに対する保護を強化。さらに、セッションレベルのSSL暗号化とネットワーク・ポート制限により、ネットワーク経由での不正侵入防止を強化。

 ・ユーザビリティと開発容易性
  テーブル形式のデータモデルのサポートにより、 アプリケーションの設計を簡略化し、使い慣れたSQLベースのアプリケーションとのシームレスな連携を実現。キー以外のセカンダリ・インデックスを利用することができ、問い合わせクエリのパフォーマンスを大幅に改善可能。

 ・複数データセンター対応機能の強化
  セカンダリ・データセンターへの自動フェイルオーバーが可能となることで、アプリケーションの可用性および事業継続性を向上。また、セカンダリ・データセンターのサーバー群を利用して、分析、レポート生成、データ交換などのデータ参照を行うことにより、ワークロード管理を改善も可能。

 なお、「Oracle NoSQL Database 3.0 Enterprise Edition」と「Oracle NoSQL Database 3.0 Community Edition」は、Oracle Technology Networkからダウンロード可能(各種前提条件と使用制限あり)だという。

【関連リンク】
ニュースリリース

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5