Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

マカフィー、法人向けSaaS型セキュリティ製品「McAfee Security for Business」を発表

  2014/04/24 14:30

 マカフィーは、高度なエンドポイント、メール、Webの保護をシンプルで手頃な価格で実現する、法人向け総合的クラウド型(Security-as-a-Service:SaaS)セキュリティスイート製品「McAfee Security for Business」を発表した。この製品は、5月1日から国内のマカフィー販売代理店から提供される。

 「McAfee Security for Business」は、エンドポイントセキュリティに加え、SaaS型のメールやWebの保護機能の管理を、クラウドベースのコンソールで行うことが可能なため、管理サーバにかかるハードウェアコストが不要になるという。

 独自のクラウド型リアルタイム脅威データベース「McAfee Global Threat Intelligence(GTI)」を用いたリアルタイムな脅威情報の更新により、常に最新のセキュリティ環境を実現できるとしている。

 また、セキュリティの導入やITの運用管理の工数を最小限に抑えることができるだけでなく、手頃な価格でシンプルな導入が可能なスイート製品により、事業規模を問わない柔軟なセキュリティ対策の展開が可能になるという。

 この製品には、次のようなクラウド型セキュリティサービスが含まれるという。

 ・クラウド型エンドポイントセキュリティサービス「McAfee SaaS Endpoint Protection」
  SaaSによるエンドポイントプロテクションにより、デスクトップ、サーバ、メールを保護し、ウイルスやスパイウェア、スパム、フィッシング攻撃、ハッキングをブロック。

 ・クラウド型Webセキュリティ サービス「McAfee SaaS Web Protection」
 McAfee GTIがグローバル規模で収集した脅威や脆弱性に関する情報と連携し、URLのフィルタリング機能によるマルウェアなどのWebベースの脅威から保護。

 ・クラウド型Emailセキュリティサービス「McAfee SaaS Email Protection & Continuity」「McAfee SaaS Email Encryption」
  クラウド内のインバウンド/アウトバウンドのメールをフィルタリングすることで、ウイルスやワームの侵入防御、スパムのブロックと怪しいメッセージの隔離、機密情報の流出防止を実現。また、メールの暗号化や、メールシステムの障害時や停電時などにクラウド内でメールを自動処理するメール継続機能を搭載。

【関連リンク】
マカフィーのWebページ

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5