SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2023 春の陣

2023年3月14日(火)10:00~16:00

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

イノベーターの本棚

“次の流れ”を読むための『イノベーションの最終解』

(第20回)イノベーションに効く翻訳書11:『イノベーションの最終解』 

競争変数が激変する兆しとは?

業界の変化を予測するためのプロセス
▲ 図1:業界の変化を予測するためのプロセス

 まず、イノベーションによって「これまでの競争変数が変わるのかどうかを見極めること」が重要です。持続的イノベーションでは従来の競争変数を向上させることが勝負を決めますが、破壊的イノベーションでは従来の競争変数での優位性は逆に足かせになってしまうからです。こうしたイノベーションの兆しを見極めるためには、顧客を観察することからはじめます。顧客といっても、製品をまだ買っていない、「無消費者」も含めて捉えることになります。

無消費者:製品を消費していない顧客や、製品を不便な環境で消費している顧客

 無消費者は、金銭的に恵まれなかったり、製品を使いこなせなかったり、製品へのアクセスがない。この顧客層がやりたい用事(ジョブ)を解決するような製品やサービスは「新市場型破壊的イノベーション」となり得る。

満たされない顧客:製品を消費しているが、ニーズが満たされていない顧客

 満たされない顧客は、製品・サービスの性能がまだ不十分だと感じており、より高性能な製品・サービスのために支出を増やしてもよいと考えている。この顧客層に向けた製品改良が提供できれば、「持続的イノベーション」となり得る。

過剰満足の顧客:製品を消費しているが、ニーズが必要以上に満たされている顧客

 過剰満足の顧客は、既に満足しており、性能向上に対して対価を払いたくないと考えている。この顧客層に向けては「ローエンド型破壊的イノベーション」、「置き換えのイノベーション」、最低標準の規格化のいずれかが生じる。

 ここで、聞きなれない「置き換えのイノベーション」に関して補足しておきましょう。

 製品ライフサイクル初期の製品が持続的イノベーションを続けるためには、垂直統合された組織が必要になる反面、過剰満足の顧客が出現する後期にかけては、水平分業が進みます。AT&Tが当初は電話機も販売していたように、電電公社も電話回線と同時に電話を提供していましたが、次第に電話機という製品市場には各家電メーカーが参入し、通信会社が提供していた電話機を置き換えました。これが置き換えのイノベーションです。SIMフリー化によって、携帯電話もこの流れに乗っています(尚、「最低標準の規格化」では、置き換えとローエンドが同時に発生するので、簡略化のために説明は割愛します)。

 この3つの顧客層と合わないタイプのイノベーションは成功しません。テレビの画質に不満足な顧客があまり存在しないような状況下で、シャープが行った高画質LCDへの投資は回収の見込みがなかったのです。

次のページ
競争優位性は「強さ」だけにあらず

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
イノベーターの本棚連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

津田 真吾(ツダ シンゴ)

日本アイ・ビー・エム、日立グローバルストレージテクノロジーズ、iTiDコンサルティングを経て、イノベーションコンサルティングおよびハンズオン事業開発支援に特化したINDEE Japanを設立。HDDの開発エンジニア時代に「イノベーションのジレンマ」に触れ、イノベーションの道を歩み続けることを決意する。その著...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/5984 2014/07/08 06:55

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2023年3月14日(火)10:00~16:00

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング