Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

「Kaspersky Security for Virtualization 3.0 Agentless」でWeb上の脅威からの保護機能を強化 カスペルスキー、仮想化環境を利用する法人向けにセキュリティ製品の最新版を発表

  2014/08/21 11:40

 カスペルスキーは、仮想化環境向けITセキュリティ製品の最新バージョン「Kaspersky Security for Virtualization 3.0 Agentless」の英語版を8月21日から提供を開始すると発表した。データセンターやクラウドサービスベンダーなど仮想化環境を利用している法人を対象とし、パートナー企業経由で販売する。

 「Kaspersky Security for Virtualization Agentless」は、仮想化環境の仕組みや運用に合わせて開発された法人向けのセキュリティ製品。

 従来のウイルス対策製品を各仮想マシンに導入した場合は、アップデートストーム/スキャンストームが発生しやすくなり、パフォーマンスに大きな影響が出ることがあったが、この製品では、仮想化マシンを効率よく保護する機能により、システム負荷を軽減して仮想マシンの集約率向上を可能にするという。

 新バージョンの「Kaspersky Security for Virtualization 3.0 Agentless」では、Web上の脅威から仮想マシンを保護する機能を強化拡大したという。また、VMware ESXi 5.5に対応し、保護対象のゲストOSもWindows 8.1やWindows Server 2012 R2などのサポートを追加した。

 発表によると新バージョンの特徴は次のとおり。

 ・各仮想マシンにエンドポイント保護プログラムをインストールしないエージェントレス方式を採用し、仮想アプライアンスが各仮想マシンのアンチウイルス処理やネットワーク攻撃防御を実施。

 ・ウイルス定義情報の更新は仮想アプライアンスのみが実施し、各仮想マシンで行う必要がない。  ・仮想マシン上の同一ファイルをスキャンしない共有キャッシュの機能により、同じファイルが別の仮想マシンで開かれた場合はスキャンをスキップ。

 ・管理ツールのKaspersky Security Centerでは、物理環境(PC、サーバー、モバイル)に加えて「Kaspersky Security for Virtualization Agentless」の保護対象の仮想化環境も含め、単一のコンソールで一元管理することができるため、セキュリティ管理業務の効率化が可能。

【関連リンク】
製品の詳細

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5