SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

DB Press

EMC、VMware、Pivotal―3社連合、Federationの戦略とは


 「EMC World 2015」の2日目のテーマは「Federation」。この日のゼネラルセッションでは、EMCのCEO ジョー・トゥッチ氏、PivotalのCEO ポール・マリッツ氏、そしてVMwareのCEO パット・ゲルシンガー氏というそうそうたるメンバーが登壇しFederationの価値と各社間の強い連携について語った。

EMC―革新的なテクノロジーを提供し続ける

 最初にステージに登場したのは、EMCのジョー・トゥッチ氏。

EMC ジョー・トゥッチ氏
EMC ジョー・トゥッチ氏

 「新しいデジタル時代です。全ての企業が産業革命よりも大きな波を感じていることでしょう。これは、ものすごく大きな波です。そのために、これまでと同じようにはやっていけません」(トゥッチ氏)

 この大波に打たれてしまうのか、あるいは上手く乗れるのか。波に乗るには、ITの力が必要だ。新しいデジタル時代はスマートデバイスやセンサーがインターネットで繋がっている。その世界の変化は極めて速く、対応するにはアジャイルで俊敏に開発できる必要がある。なおかつそれを安価に実現できなければならない。それができなければAmazonやGoogleのようなデジタル時代に大きく成長している新しいプレイヤーに、既存の市場も奪われてしまう。

 「守勢に回ってはいけません。この波はチャンスでもあり破壊をもたらすものでもあります。デジタル時代には、利用されるアプリケーションにはこれまでの1,000倍のユーザー、1,000倍のデータが存在することになるでしょう。そのために必要なプラットフォームはどんなものになるのかを考えなければなりません」(トゥッチ氏)

 また、多くのレガシーなデータセンターで動いているERPなどの既存アプリケーションを、どうやってモダン化して動かすか。モダン化して効率を上げ、その上でコストは削減する。さらに、モバイルにも対応させる必要もあるだろう。このときに利用するのはクラウドの技術だ。これにはマネージドもあればパブリックもある。

 「ハイブリッドクラウドのアプローチです。ハイブリッドで実現すべきプラットフォームは、第1から第3まで全てが対象です。間にはプラットフォーム2.5もあるでしょう」(トゥッチ氏)

 そして、サイバー攻撃への対応も重要になってくる。多くのユーザーが繋がり、多くのデータがある。価値ある情報が集まれば、それを奪おうとする人も出てくる。環境は複雑化し攻撃は高度化しているので、これまでのセキュリティ対策方法では対処できない。そこでビッグデータを活用するセキュリティ・アナリティクスで、何が起きているかを予測して対応する。

 これら3つのビジネス変革の課題に対応するために、EMCは3社連合で対応する。3社のミッションは各社個別であり、そこには共通した1つの哲学がある。

 「ユーザーに選択を与え、ロックインされないようにすること。そして実現する環境は、安価で拡張性もなければなりません。EMCはテクノロジーの会社なので革新的なテクノロジーを提供し続けたい。そのために売り上げの12%を研究開発に投資し、8%をテクノロジーの買収に使っており、この投資は1年で50億ドルを超えています」(トゥッチ氏)

 実際、この2年半で大きな企業を6つ買収し、そのために60億ドルを支払った。新たに加わった6社のビジネスから、昨年は10億ドルの売り上げがあった。1株当たりの利益はマイナスになるが、こういった投資をしながらビジネスのパワーを得ているのだという。

次のページ
Pivotal―21世紀のメインフレーム的な位置を担う

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
DB Press連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

谷川 耕一(タニカワ コウイチ)

EnterpriseZine/DB Online チーフキュレーターかつてAI、エキスパートシステムが流行っていたころに、開発エンジニアとしてIT業界に。その後UNIXの専門雑誌の編集者を経て、外資系ソフトウェアベンダーの製品マーケティング、広告、広報などの業務を経験。現在はフリーランスのITジャーナリスト...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

DB Online編集部(ディービーオンライン ヘンシュウブ)

DB Online編集部翔泳社 EnterpriseZine(EZ)が提供するデータベース/データテクノロジー専門メディア「DB Online」編集部です。皆様からの情報お待ちしています。 Twitter : https://twitter.com/db_online Facebook : http://www.facebook.com/dbonline.shoeisha

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/6835 2015/05/18 17:45

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング