SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2024 Summer

2024年6月25日(火)オンライン開催

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

DB Press

オンプレミスにパブリックに―Oracle Enterprise Managerのクラウド管理術


 仮想化、クラウドの普及で企業のIT環境には、どういう問題が起こっているのか?Oracleでプロダクト マネジメント バイスプレジデントを務めるSudip Datta氏に話を訊いた。

"散在"と"混在"、そしてデリバリーの問題

スディプ・ダッタ氏
スディプ・ダッタ氏

 「グリッドコンピューティング以降、コンピュータ資産が散在している状況があります。サーバー、データベース、仮想化ソフトウェア、ミドルウェアなどさまざまなソフトウェアが稼動しており、それぞれに本番環境があり、開発環境、災害対策もあります。管理者は、これらすべてを管理しなければなりません」

 Oracleが行なった調査によると、年率20%で稼動するインスタンスの増加があり、世界中の28%の顧客で共通の課題となっているという。

 もう1つの課題が異質なものが混在していること。ソフトウェアには数多くのバージョン、パッチレベルがあり、さまざまな種類のデータベースも稼動している。データベースのバージョンは3つしかないのに、コンフィグレーションの数は1,400もある顧客もいたという。

 3つ目の課題は、サービスデリバリーに時間がかかることだ。サーバー、ストレージ、ネットワーク、データベースなどを組み合わせてプラットフォームを提供するが、要求に対しどういう組み合わせにすればいいのかの判断はなかなか難しい。

 「さらにそれを管理者が手作業で組み合わせるとなればかなりの手間もかかります。そのため、プラットフォームを標準化し、統合化、自動化できる環境が必要です」

 プライベートクラウド環境を構築し「Database as a Service」を提供する方法する場合、目的に応じ個別のデータベース・インスタンスを立ち上げる方法か、スキーマで分離し素早くデータベース環境を提供する方法があるだろう。前者は独立性は高いが、さまざまなデータベースが乱立してしまうリスクがある。後者はデータベースは統一化しやすいが、1つのデータベース・インスタンスが落ちればすべてのデータベースが使えなくなってしまう。

 これらの課題を解決するためにOracle Database 12cで提供しているのが、マルチテナント・アーキテクチャだ。

 「スキーマの管理のしやすさと同時に独立性を確保できます。しかし、1つの解決策ですべての問題に対処できるわけではありません。部門や動かすアプリケーションによっても要求は異なり、それに合った解決策を提供できるかが重要です」

次のページ
Pluggable Database as a Serviceで容易にデータベース環境を配布する

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
DB Press連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

谷川 耕一(タニカワ コウイチ)

EnterpriseZine/DB Online チーフキュレーターかつてAI、エキスパートシステムが流行っていたころに、開発エンジニアとしてIT業界に。その後UNIXの専門雑誌の編集者を経て、外資系ソフトウェアベンダーの製品マーケティング、広告、広報などの業務を経験。現在はフリーランスのITジャーナリスト...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/6852 2015/06/04 11:40

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング