SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

REDEFINE.NEXT―EMC ストレージ×クラウド技術セミナーReport(PR)

EMCの最新ストレージ技術 XtremIO、Isilon、DSSDを紐解く

データレイクを実現するHadoopソリューションの鍵「Isilon」

 ビッグデータ時代の要請として、大量で多様なデータを満たす環境は「データレイク」と呼ばれている。多種多様な大容量のデータを統合管理できて、マルチプロトコルでアクセスできる……といった要件を満たすものだ。EMCではデータレイクはポートフォリオを組んで多種多様な製品を提供している。その中で三保氏は注目度の高い製品「Isilon」を取りあげた。

 一般的にデータレイクの基盤にはHadoop(HDFS)が用いられる。集約したいデータは多様なデータ形式やプロトコルを使うため、ランディングゾーンと呼ばれるゲートウェイを通じてHadoop環境にとりいれる。データをコピーするため、データ量が増えればコピーの時間も長くなる。加えてデータ保護の観点から多重化したりするため、コピー量はさらに増える。現時点ではコピーにかかる時間が長時間に及んでしまうという課題がある。例えば100TBのデータをHadoopのクラスタに移行するとき、10GigEを用いてもおおよそ24時間かかる。

 そこでIsilonが解決策となる。IsilonはマルチプロトコルのNASだ。「ネイティブでHDFSが話せるためHadoopと相性がいいです」と三保氏。また先述のXtremIOと同様にIsilonもスケールアウトのアーキテクチャを持っている。Hadoopのクラスタに近い。使えるプロトコルはHDFSのほか、SMB、NFS、HTTP、FTP、Swiftなど。

 Isilonを用いたHadoopソリューションが注目されているのは現状の課題を解決するためだ。Isilonでデータレイクを構成する、つまり必要なデータをIsilonでデータを保有すればHadoop環境と直接通信できるため、そもそもHadoop環境にデータをコピーする必要がなくなる。

 三保氏は「Isilonは複数のノードを提供できるため、複数のコンピュートノードがあってもLANのパスがボトルネックになりにくいのです」とメリットを話す。またIsilonはHadoopディストリビューションとHDFSで直接処理ができるため、複数のHadoopディストリビューションを用いているときその差を吸収できるのもメリットだ。「Hadoop」と一言で言っても、実際には複数のHadoopディストリビューションを使い分けている現場は多いため、Hadoop間でデータの移行やコピーに時間がかかるという課題を抱えている。

低遅延、大容量のラックスケールフラッシュ「DSSD」

 EMC Worldでは昨年EMCが買収したフラッシュベンダー「DSSD」の開発機が初披露された。それまでDSSDは謎につつまれていたため注目を浴びた。まだ開発段階なので仕様は流動的ではあるものの、三保氏はポイントをいくつか紹介した。

 「DSSDは『ラックスケールフラッシュ』であり、『ストレージ』とは言いません。なぜならプロトコルが従来のストレージのもの(ファイバーチャンネルやiSCSIなど)ではないからです。加えてオールフラッシュ構成、ラックスケールが特徴です」(三保氏)

 EMC Worldで披露された開発機は5Uのユニットで、中央部分にフラッシュモジュール、上下にコントローラが挟むという形状をしていた。つまりマルチコントローラーだ。またSSDではなく専用のハードウェアを使用しており、最大で48台のクライアントが冗長化されたポートから接続できる。

 三保氏によるとDSSDは「既存のストレージとは異なり、サーバーのPCIを拡張するイメージ」となる。PCIのスピードで接続できるため、通常のフラッシュ製品と比べてI/O遅延を桁違いに小さくできる。加えて36スロットあるため大容量が特徴だ。

 なおDSSDは第3のプラットフォームを想定した製品である。サーバーからの接続方法は3通り。マウントしてブロックアクセスすることに加えて、アプリケーションから直接接続するようなAPIアクセスを可能としている。ライブラリはEMCから提供される予定。またHDFSのドライバ経由もあり、Hadoopからネイティブに接続できるとされている。

 EMC WorldのデモではDSSDとDASで処理の比較をしたところ、DASでは30分かかる処理がDSSDでは30秒で終了したとのこと。接続方法が根本的に違うため、桁違いの高速化が期待できる。「フラッシュをREDEFINE(新定義)したのがDSSDと言えます」と三保氏。

 既存のストレージ製品のアップデートも多く発表されたものの、近未来はフラッシュ製品が大きく席巻しそうな勢いだ。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
REDEFINE.NEXT―EMC ストレージ×クラウド技術セミナーReport連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

加山 恵美(カヤマ エミ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/6983 2015/07/21 06:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング