Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

日立ソリューションズ、Salesforceの利用状況をビッグデータ利活用基盤Splunkで見える化

2015/07/28 13:10

 日立ソリューションズは、セールスフォース・ドットコムが提供するクラウドベースのCRMアプリケーションのイベントログをSplunk Services Japanのビッグデータ利活用基盤「Splunk」で分析し、利用状況を見える化するサービスを7月29日から提供すると発表した。

 このサービスでは、従来の「Salesforce」の導入ソリューションにおいて、「Splunk」を活用し、情報システム部門のセキュリティ対策とIT運用業務の効率向上を支援するダッシュボードを標準で提供するとともに、顧客のニーズに合わせた機能やダッシュボードの追加開発にも対応する。

 「Salesforce」は、CRM(顧客管理)やSFA(営業支援)を標準装備するクラウドベースのアプリケーションプラットフォームで、世界15万社以上で利用されている。その機能が多機能化する中、企業の利用方法もポータルサイトや業務システムなど、多様化しており、機密性の高いデータが保存される場合も増えているという。

 「Salesforce」を導入する企業の情報システム部門では、複雑化するサイバー攻撃や内部不正による情報流出対策、増え続けるITシステムの運用作業の効率向上といった課題に対して、従来のオンプレミス環境に加えて「Salesforce」に代表されるクラウド環境も含めた各種対策の必要性に直面しているとしている。

 「Splunk」は、ビッグデータ利活用基盤(オペレーショナルインテリジェンス・プラットフォーム)として、Webサイト、アプリケーション、サーバー、ネットワーク、センサー、モバイル機器から生成されるマシンデータを、収集、インデックス化し、リアルタイムに検索・監視・分析・可視化することを可能にする。

 世界100カ国以上、9,500社以上の企業、政府機関、大学、サービスプロバイダーが「Splunk」を利用し、ビジネスや顧客の理解を深め、サービスや稼働率の向上、コスト削減、サイバーセキュリティリスクの軽減を実現しているという。

 日立ソリューションズは、 IT企業でもいち早く「Salesforce」や「Splunk」を販売し、幅広い業界で実績を積んできた。今回、これらの経験と知識を生かし、「Salesforce」の約30種類のイベントログとログイン履歴などのデータを「Splunk」で分析してアクセス状況や利用状況を見える化し、セキュリティ対策やIT運用業務の効率向上を支援する。

 このサービスの特徴は次のとおり。

 1. システム構築支援:サーバーに「Splunk」をインストールし、「Salesforce」のデータの取り込みを設定。

 2. ログの見える化:取得したログの分析結果をレポートやグラフで見える化するダッシュボードを標準で提供。

 3. カスタマイズ対応:上記のログの見える化サービスに加え、顧客のニーズに合わせて、ダッシュボードの作成やアラートの通知設定を実施。

 4. トレーニング:構築したシステムの利用方法や運用方法について、システムエンジニアがトレーニングを実施。

 5. 保守:構築したシステムのバージョンアップや設定変更の作業に対してメールで支援。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5