Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

日本オラクル、「Documents Cloud Service」の機能拡張でモバイルでの利便性向上

  2015/08/05 13:50

 日本オラクルは、オラクルのPaaS製品群「Oracle Cloud Platform」で、クラウド・ファイル共有サービス「Oracle Documents Cloud Service」の機能を拡張し、タブレットやスマートフォンなどモバイル端末での利便性を向上させたと発表した。

 「Oracle Documents Cloud Service」は、豊富なREST APIを提供し、追加の課金なしに「Oracle Marketing Cloud」や「Oracle Service Cloud」などをはじめとするOracle SaaSや他社製アプリケーションとの連係や組み込みが可能だという。

 今回、追加された機能は次のとおり。

 ・「Oracle Documents Presenter」:iPad専用のアプリケーションとして提供され、「Oracle Documents Cloud Service」で保管されるPowerPointやPDF形式の資料、画像・動画などのリッチ・コンテンツをプレゼンテーション形式で表示。プレゼンテーションの内容にあわせた背景画像やフォルダ・アイコンのカスタマイズが可能。

 ・Touch IDサポート:「Oracle Documents Cloud Service」および「Oracle Documents Presenter」を起動する際に、iPhoneやiPadに搭載されている指紋認証テクノロジーであるTouch IDによる認証を設定すること可能。

 ・Office 365連携強化:Android搭載タブレット向けOffice 365から、「Oracle Documents Cloud Service」のファイルへのアクセスが可能に。

 ・ユーザー・インターフェース(UI)のカスタマイズ:ロゴや各種リソースのURLなどのUIを企業ユーザーのブランディングに合わせて変更可能。

 ・マルチアカウント対応:複数の「Oracle Documents Cloud Service」アカウントを一元管理し、フォルダの同期管理を複数のアカウントから選択することが可能。

 ・パブリック・リンクのポリシー制限:管理者はインスタンス単位で、パブリック・リンク作成時の最大権限を設定可能(例:「表示のみ許可」「表示とダウンロードまで許可」など)。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5