SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

アクロニスに聞く!今さら聞けない企業向けバックアップ集中講義(PR)

大切なデータを守れ!BCP/DR対策として欠かせないクラウドバックアップのススメ【後編】

最終目的は、DRやBCPをなるべく安価に実現すること

――バックアップさえ遠隔地などに保管されていれば、それでDRやBCPができるのでは?

古舘さん:単にバックアップを取っているだけでは、DRやBCPにはなりません。それをどう戻すかを考えるところから始める必要があります。仮にバックアップを遠隔地に保管してあっても、災害時にはそれが簡単には戻せない場合もあります。そして最終目的は、DRやBCPをなるべく安価に実現することです。

アクロニス・ジャパン リージョナル プロダクト マネージャの古舘 與章さん

佐藤さん:たとえばアクロニスでは、取得したバックアップのファイルをネットワーク越しに受け渡すのは最良な方法ではないと考えています。災害時には拠点間のネットワークが切れると想定する必要があるからです。なので、バックアップデータを物理的に運ぶことができる。そんな方法も考慮する必要があります。 システムバックアップでシステムを丸ごとバックアップしていれば、そのバックアップデータを持って行くだけで新たな拠点でシステム復旧できます。データのバックアップだけが遠隔地に保管されていても、システムがなければすぐにはそこで復旧できません。

 災害時には、システムバックアップに大きなメリットがあります。仮に想定していた災害対策サイトが使えなくても、新たな場所でハードウェアさえ用意できればシステムが迅速に復旧できる。アクロニスにはUniversal Restore機能があるので、ハードウェア仕様が異なっていてもシステム復旧できます。これがネットワークに依存していると、まずは拠点間のネットワークを復旧させなければなりません。 さまざまなことを想像し、新しい発想で災害対策を考えています。その中で生まれたのが、バックアップを可搬性のある形にすることです。そうすることで、利用性はさらに高くなるのです。

――なるべく安価にと言いますが、災害対策の費用はどう考えておけばいいのでしょうか?

佐藤さん:一概にいくら用意すべきとは言えません。災害対策用に大きく旗を振り、BCPコンサルタントなるものを入れ対策を始めたけれども、途中で予算が足りなくなり計画の2、3割ほどで立ち行かなくなったなんてこともあるようです。それで結局は、バックアップソフトを入れ替えて終わるとか。

 災害対策は、一時の勢いでやるべきことではありません。どれだけ真剣に継続して取り組めるかです。1つはっきりしているのは、2011年の震災と同じようなことが必ずこれからも起こるということです。それを想定し対策する必要があります。

 幸いなことに、今はクラウドという強力な武器があります。クラウドならかつてオンプレミスでやろうとしていた予算の1/100くらいで実現できるかもしれません。

お勧めホワイトペーパー!『バックアップとリカバリに関する重要な8つの真実』(無料PDF)

バックアップとリカバリに関する重要なつの真実

仮想化、クラウド、モバイルデバイス、BYODの対応など、データが存在する環境やデバイスは多様化し、データの保護はますます難しくなっています。IT部門はどうすればこの大きな課題を解決できるでしょうか?

本ホワイトペーパー(無料PDF)では、バックアップとリカバリに関する重要な“8つの真実”から、IT担当者が実施すべきデータ保護戦略の考え方や手法、具体的な対策を分かりやすく解説しています。ぜひ本資料をご参照いただき、適切で安全な企業のバックアップとリカバリの実現にお役立てください。 

詳細&資料ダウンロードはこちら!

次のページ
クラウドでDRやBCPを実現する際に気をつけておくべきこと

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
アクロニスに聞く!今さら聞けない企業向けバックアップ集中講義連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

谷川 耕一(タニカワ コウイチ)

EnterpriseZine/DB Online チーフキュレーターかつてAI、エキスパートシステムが流行っていたころに、開発エンジニアとしてIT業界に。その後UNIXの専門雑誌の編集者を経て、外資系ソフトウェアベンダーの製品マーケティング、広告、広報などの業務を経験。現在はフリーランスのITジャーナリスト...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/7353 2015/11/24 14:21

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング