Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

インテル、ウチダスペクトラム、マイクロソフト「マネージド ビジネスPC イニシアチブ」を3社共同で立ち上げ

2008/10/17 15:12

インテル株式会社、ウチダスペクトラム株式会社、マイクロソフト株式会社の3社は17日、企業内のクライアントPCの運用管理を効率化し、TCOの削減を行なう「マネージド ビジネスPC イニシアチブ」を共同で立ち上げたことを発表した。

 インテル株式会社ウチダスペクトラム株式会社マイクロソフト株式会社の3社は17日、企業内のクライアントPCの運用管理を効率化し、TCOの削減を行なう「マネージド ビジネスPC イニシアチブ」を共同で立ち上げたことを発表した。

 同イニシアチブでは、ビジネスクライアントPCの管理コスト削減支援を目的として、インテルのビジネスPC向けプラットフォーム「インテル vPro テクノロジ」搭載ハードウェアと、マイクロソフトの構成管理の運用ソリューション「System Center Configuration Manager 2007」を組み合わせた新ソリューションを提供する。

 同ソリューションでは、長期に渡って電源が入っていないものも含めて、SCCM 2007の管理コンソールから一元的にビジネスPCを管理できるようになるため、オンサイトでのサポート件数の低減など、運用管理の効率化を進めることができる。ウチダスペクトラムは、同社の持つビジネス・クライアント運用管理システムの設計・構築ノウハウを活かし、ユーザへのソリューション提供を担当する。

 同イニシアチブは、3社共同検証で得た結果をホワイトペーパーとして、Webサイト上で一般公開する予定。また、検証結果の詳細を説明するセミナーを3社共同で11月に開催する予定だ。2009年6月までに企業内のビジネスクライアントPC25,000台への同ソリューションの導入を目指す。

著者プロフィール


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5