Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

ノベル、「SAP S/4HANA」の導入促進へSUSE Linuxトレーニングを無償提供

2016/03/10 17:00

 ノベルは、SAPソフトウェアのインテグレーションを提供するパートナー企業の技術者を対象に、「SUSE Linux Enterprise Server (SLES) for SAP Applications」のトレーニングプログラムを無償で提供することを発表した。これは、SAPジャパンが提供する次世代ビジネススイート「SAP Business Suite 4 SAP HANA」の既存システムからの移行や新規システム構築に最適なLinuxプラットフォームとして推奨されている「SUSE Linux Enterprise Server for SAP Applications」へのニーズが高まっていることを受け、不足する技術者の育成を強化する狙いで実施するもので、4月から開講する。

 SAP社と連携して開発された「SUSE Linux Enterprise Server for SAP Applications 」は、Linuxで実行されるSAPソリューションにおいて、シェア70%の主要プラットフォーム。とくに、「SAP HANA」に最適なOSとして評価されており、「SAP HANA」が稼働するほぼすべてのシステムで採用されているという。

 また、SAPジャパンの次世代ビジネススイートとして昨年発表され、導入が推進されている「SAP S/4HANA」は、Linuxオペレーティングシステム上でのみ稼働するという。

 このためノベルは、「SAP S/4HANA」におけるシステムの移行や新規開発などのビジネス機会を加速させようとしているSAPのパートナー企業を対象に、無償で「SUSE Linux Enterprise Server for SAP Applications」の技術者向けトレーニングプログラムを実施することになった。主なトレーニング概要は次のとおり。

 ・対象企業:SAPソフトウェアのインテグレーションを提供するシステムインテグレーター、IHV(独立系ハードウェアベンダー)、CSP(クラウドソリューションプロバイダー)などのパートナー企業

 ・対象職種:プリセールスSE、アーキテクト、コンサルタント、プロジェクトマネージャー、テクニカルサポート等の技術者(Linuxに関する一般的な基礎知識は事前に必要)

 ・内容の概要:SAP用システムを構成するいくつかのパターンを考察し、それぞれをどのように構成していくのかについてのレクチャーのほか、ハンズオンプログラムを実施。

 ・所要時間:1日

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5