SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

週刊DBオンライン 谷川耕一

ラリー・エリソンのアドバイスからはじまった―クラウドERPベンダーのネットスイートの現在位置


 今週は、クラウドERPベンダーのネットスイートのカンファレンスイベント「SuiteWorld 16」の取材で、米国カリフォルニア州サンノゼを訪れている。ネットスイートは、セールスフォース・ドットコムとほぼ同じ時期に創業したSaaSベンダー。両社ともOracleからスピンアウトした人たちが起業しており、起業に当たってはOracleのCTOで創業者 ラリー・エリソン氏が大きな影響を与えている。

ネットスイートもセールスフォース・ドットコムもラリー・エリソンのアドバイスから生まれた

 ネットスイートの創業者でCTOのエバン・ゴールドバーグ氏
ネットスイートの創業者でCTOのエバン・ゴールドバーグ氏

 ネットスイートの創業者でCTOのエバン・ゴールドバーグ氏は、Oracleでさまざまなことを学び、その後スタートアップで失敗も経験した。さらなる起業を考えていた際にエリソン氏と話をし、アプリケーションをインターネット越しに提供するビジネスアイデアを得ることになる。当初、ゴールドバーグ氏は、提供するアプリケーションとしては、セールス部分をやりたかったそうだ。しかし、エリソン氏はバックオフィスをやるべきだと彼にアドバイスする。結果的にゴールドバーグ氏は、ERPアプリケーションをクラウドで提供することにするのだ。

 じつはこの相談をしている場に、後のセールスフォースのCEOであるマーク・ベニオフ氏も同席していた。ゴールドバーグ氏があきらめたセールスのアプリケーションをインターネット越しに提供するビジネスをやることにしたのが、ベニオフ氏というわけだ。

 SaaSベンダーであるネットスイートだが、ゴールドバーグ氏によれば同社の強みはプラットフォームだという。このプラットフォームのベースとなっているのが、ビジネス・トランザクションだ。多くのERPアプリケーションが既存の会計のプロセスをシステム化したのに対し、ネットスイートはビジネスで発生するさまざまなトランザクション集めることを考えた。それがプラットフォームになり、それを活用し結果的に強みとなっている会計のアプリケーションが出来上がっている。

 「ビジネスモデル、オペレーション、新しいマーケット、カスタマー・エクスペリエンスの4つの領域でイノベーションを続けます。それらはネットスイートの共通のプラットフォーム上に構築されるものです。このプラットフォームこそが、ネットスイートの強さです」(ゴールドバーグ氏)

次のページ
ライバルの出現は歓迎、クラウドERPの市場を活性化する

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
週刊DBオンライン 谷川耕一連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

谷川 耕一(タニカワ コウイチ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/8067 2016/05/19 16:25

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング