Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

ソニックソフトウェア、データディレクトの2社が統合、日本プログレス株式会社を設立

2008/12/01 14:32

米国プログレスソフトウェア・コーポレーションを親会社とする、ソニックソフトウェア株式会社(以下、ソニック)とデータディレクトテクノロジーズ株式会社(以下、データディレクト)の2社は、12月1日付けで統合し、新たに日本プログレス株式会社を設立すると発表した。

 米国プログレスソフトウェア・コーポレーションを親会社とする、ソニックソフトウェア株式会社(以下、ソニック)とデータディレクトテクノロジーズ株式会社(以下、データディレクト)の2社は、12月1日付けで統合し、新たに日本プログレス株式会社を設立すると発表した。

 ソニックは、米国プログレス傘下の日本法人として、SOAによるシステム統合用ミドルウェア「エンタープライズ・サービス・バス(ESB)」を牽引。また、データディレクトは、データベースアクセス技術に特化した「DataDirect Connect」シリーズが国内で多くの導入実績を有している。

 今後は、さらに多くの顧客要求に対応するため、製品・ソリューションの取り扱いを充実させる。また、SOA分野におけるESB基盤をさらに拡張し、メインフレームとの連繋や、コンプライアンスの実現に向けたSOAガバナンスソリューションの展開など、企業における情報資産の活用から運用までを幅広くサポートする。

 その他、業種別ソリューションとして、日本市場の金融・証券業界で注目されているアルゴリズム・トレーディング向けソリューションの更なる拡大にも注力していく予定だ。

 
【関連リンク】
日本プログレス株式会社

著者プロフィール


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5