SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

Microsoft アポロ計画 Azure Everywhere パートナーアワード(PR)

「Azure IoT PoCキット」で今すぐ手軽にIoTを体験―東京エレクトロンデバイス

IoTでなにをする?―アイディアを喚起するためのAzure IoT PoCキット

 そんな同社が今回のアポロ計画で提供したのが、「Azure IoT PoCキット」だ。これは、Microsoft Azureを用いたIoTの最小限の仕組みを、検証環境で素早く低コストで体験できるというものだ。具体的には、以下の製品が含まれている。

  •  Texas Instruments製マルチセンサータグ
  •  アットマークテクノ製Armadillo-IoTゲートウェイ製品
  •  NTTコミュニケーションズ OCNモバイルONE(プリペイドSIM)
  •  Microsoft Azureクラウドサービス(利用料金2万円分を含む)
  •  セットアップガイド

 マルチセンサータグには温度、湿度、圧力、加速度、ジャイロなどを検知・計測できるセンサーがついている。これらのセンサーで計測した値をBluetoothでIoTゲートウェイに転送し、さらにそれを有線・無線LANや3G/LTE経由でMicrosoft AzureのIoT Hubサービスに送信。各種クラウドサービスによって集計された値は、Power BIによってグラフィカルな形式で可視化される。

 これら一連のIoTの基本的な流れが、同キットを導入すればわずか9万9800円で実現可能だという。同社 IoTカンパニー エンベデッドソリューション部 部長代理 西脇章彦氏は、ユーザーが同キットで得られる価値について次のように述べる。

同社 IoTカンパニー エンベデッドソリューション部 部長代理 西脇章彦氏
IoTカンパニー エンベデッドソリューション部 部長代理
西脇章彦氏

 「これら一連の仕組みをすべて自前で構築するとなると、特にセンサーから大量データをリアルタイムに収集し蓄積・分析する環境を構築するために、極めて多くの時間とコストを割かなければならない。しかしAzure IoT PoCキットなら、この部分はすべてMicrosoft Azureのクラウドサービスでまかなわれるため、低コストですぐ始めることができる。しかも詳細なセットアップ手順も提供されるため、誰もが気軽にIoTを体験できるようになっている」

 また、当初からMicrosoft Azureの利用料2万円分(※)が含まれているため、少なくとも3カ月間程度は追加料金なしで検証環境を利用し続けられるという。

 ※利用期間は3ヶ月まで

次のページ
Azure IoT PoCキットをベースにさまざまなソリューションを展開

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
Microsoft アポロ計画 Azure Everywhere パートナーアワード連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

吉村 哲樹(ヨシムラ テツキ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/9120 2017/04/18 13:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング