SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZine Press

ファーウェイは顧客データに触れない――郭平輪番CEOが明かすクラウド戦略の全貌

 2017年9月5日~8日、上海にて、ファーウェイ社の旗艦イベント「Huawei Connect 2017」が開催された。本イベントは150以上の国や地域から、2万人以上の参加者が訪問する。一企業が開催するイベントしてはアジア圏で最大級のイベントとなる。ファーウェイのこれから一年の方向性が示されるHuawei Connect 2017では、同社の注力領域「クラウド分野」について戦略と実績が語られた。

 日本ではファーウェイと言っても、まだ認知度が高いとは言えないため、少しファーウェイについて補足しておこう。ファーウェイ社の2016年度の決算は、売上高は約8兆7,316億円、純利益は約6,211億円という状況となっており、事業の約6割が通信事業者向けネットワーク事業、約3割がスマートフォン等のコンシューマ向け端末事業、残り1割が法人向けICTソリューション事業で構成されている。同社のソリューションは主に通信キャリア向けのビジネスが大半を占めており、ファーウェイのサービスは間接的に35億人の「ユーザが繋がる」ことに利用されている。

Huawei Connect 2017

 IoTの分野でも成功を収めており、スマートシティソリューションを世界40ヶ国100都市に展開し、スマートグリッドにおいても65ヶ国170以上の事業者に同社の技術が採用されている。アジアを代表するグローバルICTカンパニーであり、モバイル領域では最も影響力のある企業の1つであるため、同社のイベントには世界中のメディアが参加する。なお、本イベントでは世界27ヶ国230人の記者が参加していた。これほど世界各国から注目を集めることが出来るメーカは世界でも数える程しか無いだろう。

 ファーウェイのこれから一年の方向性が示されるHuawei Connect 2017では、同社の注力領域「クラウド分野」について戦略と実績が語られた。

世界5大クラウドになることを宣言

 初日の基調講演ではファーウェイ 取締役副会長兼輪番CEO 郭平(グォ・ピン)氏から、「Grow with the Cloud:Enabling an Intelligent World」と題して、同社のクラウド戦略全般が語られた。

 郭氏は、トーマス・J・ワトソン氏が1943年に語ったとされる「恐らく世界中のコンピュータ市場の規模は、5台だろう」という言葉を引用し、「この予言は現実のものとならなかったが、クラウドの世界では本当になるかもしれない。世界のパブリック・クラウドは五つに集約され、我々はその1つになる」と宣言した。

ファーウェイ 取締役副会長兼輪番CEO 郭平(グォ・ピン)氏

ファーウェイ 取締役副会長兼輪番CEO 郭平氏

 「こういった宣言に対して、世界は誰も本気にしないかもしれないが、1994年、レン・ツェンフェイによってファーウェイが設立された当初、"世界の通信業界において我々が重要な役割を持つ"と話しても誰も耳を貸さなかったが、今では通信業界において様々な革新をもたらしている」と続けた。

 とはいえ、パブリッククラウド市場は上位ベンダーへの集中が進んでおり、ガートナーが「2019年にはネイティブクラウドのIaaS事業者の90%が市場から追い出される」とのレポートを発表するほど厳しい市場だ。かつ、同社の主要な収益源はスマートフォン等のコンシューマ事業と、ネットワーク機器の法人事業が大半である。一見すると無謀な挑戦のようにも見えるが、ファーウェイがどこまでクラウド事業に本気なのか?この市場の疑問に応えるため、ファーウェイは今年3月にクラウドBUを起ち上げ、既に2,000名を超える体制を構築し、パブリッククラウドの拡販を推進していることを明らかにした。

次のページ
クラウドアライアンスの設立

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
EnterpriseZine Press連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

大元 隆志(おおもと たかし)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/9770 2017/09/12 13:53

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング