Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

著者情報

  • 五味明子(ゴミ アキコ)

    IT系出版社で編集者としてキャリアを積んだのち、2011年からフリーランスライターとして活動中。フィールドワークはオープンソース、クラウドコンピューティング、データアナリティクスなどエンタープライズITが中心で海外カンファレンスの取材が多い。
    Twitter(@g3akk)やFacebook(https://www.facebook.com/groups/g3akk/)でITニュースを日々発信中。北海道札幌市出身 / 東京都立大学経済学部卒


執筆記事

  • 4101_a.jpg
    2012/07/17

    【速報!】デフォルト保存はクラウドに - マイクロソフト、次期Officeカスタマプレビューを公開

    日本マイクロソフトは7月17日、次期Microsoft Officeのカスタマプレビューを公開した。英語版、スペイン語版、日本語版が用意されており、マイクロソフトのサイトから無償でダウンロードできる。日本マイクロソフト 業務執行役員 Officeビジネス本部 本部長 ロアン・カン氏は「ダイナミックに変化する世界の流れにあわせて、Officeもまた時代にあわせた製品へと進化する。キーワードはマルチデバイス、クラウド、ソーシャル」と語る。

  • 4083_a.jpg
    2012/07/05

    オラクル技術者の孤独を鼓動に変えたい - JPOUG初のイベントが7月21日開催

    7月21日(土)、東京・青山のオラクル青山センターにおいてJapan Oracle User Group(以下、JPOUG)主催によるイベント「JPOUG> SET EVENTS 20120721」が行われる。オラクルユーザーによるオラクルユーザーのためのはじめてのイベントであり、Oracle Databaseにまつわるあらゆるトピックはもとより、MySQL、Java、VirtualBoxなど、オラクルのオープン系テクノロジを扱ったセッションも予定されている。13:30から19:30までの...

  • DB+OnlineWeekly.gif
    2012/07/03

    この夏はインメモリがアツい!? 絶好調のSAP HANA、世界最速を謳うMemSQL

    先週の週報でも谷川チーフが触れていましたが、SAPのインメモリデータベース基盤「SAP HANA」の採用事例が国内外で多く発表されています。インメモリデータベースの代名詞的存在になりつつあるHANAですが、2010年12月にはじめてお披露目したときは発表されたときは「High Performance Analytic Appliance」、Intel Xeonプロセッサに特化した分析用アプライアンスとして登場しました。現在、SAPはHANAを略称なしの"オープンなインメモリプラットフォ...

  • DB+OnlineWeekly.gif
    2012/06/20

    Hadoopがデスクトップに!? データ分析をシングルプラットフォームにも届けるDatameerとは

    日々データベース関連のネタをチェックしていてしみじみ思うのは、やっぱりHadoop関連企業の動きは本当に活発だなあということ。それこそ毎日のようにどこかでスタートアップが誕生し、エンジェルから資金提供を受け、間を置かずに新しいサービスが立ち上がっていく。こうしためまぐるしい流れを見ていると、本当に旬の技術であることをと実感します。というわけで、最初はそんな旬のまっただ中にある企業をご紹介します。

  • DB+OnlineWeekly.gif
    2012/06/05

    MongoDB周辺がふたたび元気になってきた!

    先月はSAPの年次イベント「SAPPHIRE NOW 2012」で米フロリダ州オーランドに1週間ほど出張しておりました。青い空と強い陽射し、さわやかで陽気な5月のフロリダを想像していたのですが、長旅の末に到着したオーランドの空気は、じわーっと肌にまとわりつくように水分たっぷり、そう、この6月の東京と同じくどよーんとしたものでした。結局、滞在中は1日も青空を見ることなく、ホテルと冷房キンキンの会場を行き来しただけでしたが、SAPジャパン随一のセレブキャラであるMr. HANAこと馬場渉氏や本誌でも...

  • 3992_a.jpg
    2012/05/23

    マクラーレンもより速く! HANAが加速するのはデータベースだけじゃない - SAPPHIRE NOW 2012 2日目基調講演

    今年で創業40周年を迎えるSAPは、看板製品である「SAP ERP」とともにビジネスを大きくしてきた。SAPといえばERPであり、ERPといえばSAP、そのイメージが顧客にもSAP自身にも強く刷り込まれていると言っていい。初代ERPであるR/3の登場は、業務アプリケーションの世界を大きく変えたが、それは顧客にとっても大きな痛みをともなう変革でもあった。

  • 3983_a.jpg
    2012/05/18

    2012年のSAPは"コンシューマ"がターゲット!? - 「SAPPHIRE NOW 2012」初日基調講演

    5月14日 - 16日の3日間に渡り米オーランドで開催されているSAPの年次イベント「SAPPHIRE NOW 2012」では、モバイル、ソーシャルメディア、データベース、コンシューマライゼーションなど、"ERPの会社"という従来のSAPのイメージからは想像しにくいテーマの発表が続いている。いま、SAPはどこに向かって舵を切ろうとしているのか。初日に行われたビル・マクダーモット共同CEOの基調講演から、同社が目指そうとしている方向性を読み取ってみたい。

139件中50~56件を表示



All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5