EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

(第13回)イノベーションに効く翻訳書06:『シナリオ・プラニング―未来を描き、創造する 』  いまシナリオ・プランニングが必要な理由―想定外の未来を設定し、イノベーション思考を刺激する

  2014/01/24 08:00

 未来はいつも、予想外の展開を見せます。そうした予想もつかない未来に対処するための方法が、今回取り上げるシナリオプランニングです。本書は、未来を予測するのではなく、想定外の未来に向かってイノベーションを起こしていく未来創造型のシナリオプランニングのプロセスについて紹介しています。先が見えない時代こそ、こうした未来志向のイノベーションプロセスが求められるのです。

「バリュープロポジションキャンバス」を活用して新事業を構想する
ビジネスモデルジェネレーション・ワークショップ[実践編]/講師・小山龍介
   

ビジネスモデルキャンバスに加えて、顧客ニーズと自社のシーズをマッチングさせる事業構想フレームワーク「バリュープロポジションキャンバス」を活用し、新規事業を生み出していきます。そして、ビジネスモデルキャンバスを使った企業分析手法や、シナリオプランニングによるビジネスモデル変革を、1日で学べる貴重な機会となります。是非、消費税増税前のこの機会にご参加ください!!

日時:2014年2月19日(水)10:00~17:30(受付開始は12:30)

参加料:税込:52,500円(50,000円+税)

会場:株式会社翔泳社(東京・四谷三丁目)

お申込・詳細: ⇒ こちら

確実性と将来性のトレードオフの壁を越えるには?

 企業の新規事業のコンサルティングをするなかでいつも突き当たる壁が、「確実性と将来性のトレードオフ」の問題です。

 社内での新規事業提案において、確実性を重視して低リスクの事業を企画すると、どうしても“こじんまり”とした事業案になります。一千億円規模の事業をしている会社の経営陣としては、数億円の事業企画を検討する暇はありません。

 一方、将来性のある事業を提案していると、「そんな未来のことは分からない」と一笑に付されます。もっと確度の高い提案をしろと言われ、“にっちもさっちも”いかなくなる。そうした場面をよく見てきました。

 こうした問題を解決するには、結局、現在の確実性と、未来における将来性の両方を同時に見せる必要があります。「小さな事業でも、将来はこんなに大きくなる。その布石としての事業です」と言うことで、説得力が増すのです。

 未来と現在の両方をみるやり方は、事業の企画立案プロセスにもプラスに働きます。事業の本当の意味というのは、「未来からのバックキャスト」でしか見えてこないからです。

 よく例にあげるのが、AppleがiMacを出したときのことです。多くの人はあのカラフルな筐体のデザイン性に目を奪われていましたが、ジョブズは(iMacのiが象徴していたように)インターネット接続のしやすさを強調し、またその後のiBookでは、いち早く無線LANの標準搭載を行いました。その後のネット環境を考えれば当然の措置ですが、当時その意味をつかんでいた人は多くないでしょう。ジョブズが見ていたのは、あらゆるコンテンツがネットを通じてデジタル流通する未来でした。

シナリオ・プランニング
『シナリオ・プランニング―未来を描き、創造する』(英治出版)
Woody Wade (著)、 野村 恭彦 (監修)、関 美和 (翻訳)

 未来の姿からバックキャストして企画された新規事業には、説得力が宿ります。ただ、その前提となるのが、未来の姿の適切な設定です。適切な未来の姿が描けなければ、そこからのバックキャストもままなりません。

 バックキャストをするのに適切な未来とはいったいどんなものなのか。どんな未来を描けば、優れた事業案が生まれるのか。その問いの答えを探して私がたどり着いたのが、「シナリオ・プランニング」でした。

 今回ご紹介する書籍『シナリオ・プランニング―未来を描き、創造する』には、バックキャストするのに適切な未来を考える充分なヒントが多く散りばめられています。では、詳しくみていきましょう。





著者プロフィール

  • 小山 龍介(コヤマ リュウスケ)

    株式会社ブルームコンセプト 代表取締役 1975年福岡県生まれ。京都大学文学部哲学科美術史卒業。大手広告代理店勤務を経て、サンダーバード国際経営大学院でMBAを取得。2006年からは松竹株式会社プロデューサーとして歌舞伎をテーマにした新規事業を立ち上げたあと、2009年より現職。新規事業コンサルティング、ハックノートなどの新商品プロデュースなどを行っている。また、創造性を身につける企業研修『IDEAHACKS!創造性ワークショップ』は、大手通信会社、大手メーカーなど、多くの企業で採用されている。そのほか、組織を活性化させる新世代リーダーシップ、場の思想に関する講演も行なっている。 主な著書に『IDEAHACKS!』『TIME HACKS!』『整理HACKS!』(いずれも東洋経済新報社)、『STATIONERYHACKS!』(マガジンハウス)、『FacebookHACKS!』(日経BP社)、訳書に『ビジネスモデル・ジェネレーション』(翔泳社)など多数。  

バックナンバー

連載:イノベーターの本棚

もっと読む

All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5