Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

リレーショナルデータベース全盛時代 009

2015/10/30 06:00

 1990年。エドガーコッドのリレーショナルモデル論が1970年に発表されてから20年後。IBMメインフレームが全盛を極めていました。そんなIBMですが、その後のソフトウェアの時代には乗り遅れてしまいます。

 「IBMのトップマネジメントは営業職やハード製造部門から来るだろ。彼らの興味はハードの生産性だけだ。ソフトはハードを売るためのものぐらいにしか考えていなかったんだ」

 上記はメインフレーム上のRDBMS製品として人気ナンバーワンだった北米Adabas社を率いたジョン・マグアイアの言葉です。(Oral History of John Norris Maguire

 そして、ソフトウェアビジネス市場は眠れる獅子が「それ」に気づいて覇権を奪いに来る1985年までの間に急成長を遂げます。

Computerworlf 1991年2月号 
Computerworld 1991年2月号 

Software AG社のAdabas

 一番人気がドイツに本社を置くSoftware AG社のAdabas。そして2位にOracleがメインフレームDBとして躍進し名を連ねています。VAX/VMSで開発をしていたOracleがメインフレーム市場でも人気を得たのはSQLに焦点を絞ったRDBMSだったことに起因します。当時、ラリー・エリソンは「我々ばSQLを売っている」と語ったそうです。パフォーマンスが少々悪くても(図中のTwo lowest ratings参照)「SQLインターフェースこそが将来の標準に繋がり開発効率のキーになる」と誰もが考え始めた時代です。そして、そのSQLのプロトタイプを作ったSystem RプロジェクトはIBMのプロジェクトなのに、そしてラリーエリソンにSQLを伝授したのもIBMだったのに……このアンケート調査ではDB2の人気は残念ながら4位です。

 ここではリレーショナルでカテゴライズしているのですが、元来ネットワーク型(階層型の拡張)DBであるCullinet社のIDMSも6位にランクインしています。そしてユーザ数もAdabasに次いで多かったそうです。

 さて、Adabasですが、製品が発表されたのが1971年ですから、遡るとエドガーコッドのリレーショナルモデル論が出る前に開発は行なわれていたことになります。そして、SQLという概念がこの世にない時代、独自のインターフェースとしてNaturalという言語を開発しました。その後、Naturalは他社のデータベースにもアクセスできるようになり、第4世代言語ブームを牽引することになります。

  http://www.softwareag.com/us/images/1Adabas_Gentry_TechEd_042215_tcm89-130878.pdf より

 人気3位のDatacomは日本ではIDEAL DBという名前でデビューしています。この記事ではComputer Associates(CA)社の持ち物になっていますが、CA社が得意の買収でADR社 (Applied Data Research)から数年前に手に入れたものです。そしてCAは5位のIDMSもCullinet社から買収しています。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


著者プロフィール

  • 小幡一郎(オバタイチロウ)

    DBOnline特命記者  ユーザ企業としてPCやオフコンからコンピュータキャリアはスタートし、メインフレーム・パッケージベンダーそして日本オラクルを経て1995年インサイトテクノロジーを設立。2007年、インサイトテクノロジーから離れ、デンマークのMiracleグループに参加、ミラクル・アジアパ...

バックナンバー

連載:データベース温故知新

もっと読む

関連記事

All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5